2022年5月17日 (火)

川崎:福岡戦観戦記 2022.05.14

4月2日以来の等々力観戦。前回は冬のような寒さだったが、今回は夏のよう

な暑さだ。等々力には冬と夏しかないようだ。昨季分が悪かった九州勢との対

戦。あらためて今季の福岡の成績を眺めたら、ここまで12試合で失点は僅か

に7と守備が固い一方、得点は10と攻撃力は弱い。結果として3勝6分4敗

で順位は中程だ。この試合も固く守って勝点1を持って帰るか、あわよくばカ

ウンター一発で金星を持って帰る作戦と思われる。

試合に入ると福岡は守備一辺倒ではなく両チーム互角の形勢で、重苦しい雰囲

気のまま前半を終了。後半に入っても形勢に大きな変化は見られなかったが、

じわじわとフロンターレの圧が効いたものと思われる。スローインからの先制

点の場面、今までの福岡の固い守りが嘘のように、真ん中がぽっかり空き、山

根のスルーパスを受けた遠野がきっちり決めた。5分後には、CKから車屋が

綺麗に頭で合わ追加点をもぎ取った。この得点シーンの直後、福岡の選手がゴ

ール前で倒れておりVAR判定に持込まれたがお咎めなし。今日こそ久し振り

に3点目が見られると思ったが、2点止まりで試合終了となった。

次節はACL組の対戦、ようやく今季初勝利を挙げた神戸が相手なので、油断

は出来ない。

2022年5月 8日 (日)

川崎:清水戦DAZN観戦記 2022.05.07

ACLは残念ながらグループステージで敗退した。約一カ月振りのリーグ戦の

結果は2:0の勝利でほっとした。流れの中からの2得点はフロンターレらし

さが見られ気分が良かった。全般的に川崎ペースであったが、それでも危ない

場面はあった。先制点の後の5分後、ロングパスから中山に抜け出された場面

はソンリョンが防いだ。前半終了間際のチアゴサンタナの強烈なミドルがポス

トを叩いた時は驚かされた。試合終了間際のCKをずらされオフセンにヘッド

で叩かれ時は入れられたかと思った。こちらもマルシーニョのが抜け出した場

面は権田に防がれたのでお互い様かも知れないが、勝利の女神がフロンターレ

側に微笑んだ試合と言えよう。それにしてもシュートが6本(清水も5本)と

は少なすぎる。

2022年5月 2日 (月)

ACLグループステージ広州FC戦DAZN観戦記 2022.04.30

現状ではともかくこの試合を勝って、蔚山対ジョホール戦の結果を待つしかな

い。前回大勝した相手だが、相手も研究してきたようで、中々得点できず心配

になり始めた頃、右ワイドのコバ悠からのワンタッチパスを中央で受けた知念

が巧みな反転から鮮やかなシュートを決め、やれやれと云った感じ。さーゴー

ルラッシュかと思ったが、後が続かず後半も大分進んでしまった。「不測の事態」

が起こらなければいいが、と思った矢先、ゴール前のこぼれ球から強烈なシュ

ートが飛び出しひやりとする。ソンリョンがナイスキャッチで事なきを得る。

最後は家長や谷口まで動員して勝点3を確保したが、ジョホールがロスタイム

にオウンゴール勝して万事休す。蔚山との2戦を通じての4失点は痛かった。

2022年4月28日 (木)

ACLグループステージ蔚山現代戦DAZN観戦記 2022.04.27

グループステージ突破に向けて大事な一戦。先発陣は異なるとは云え、前節の

快勝で波に乗るフロンターレは押し気味に試合を進める。相手のミスからゴー

ル前のダミアンへボールがこぼれるもシュートを浮かせてしまった。絶好の先

制機を逃したのは痛かった。14分、押せ押せムードの隙を突かれ、ゴール前

の混戦からこぼれ球をレオナルドに決められ、あっけなく先制されてしまった。

20分には佐々木のミスパスを拾われ、レオナルドのドリブルから右に走り込

んだオムウォンサンにパスが配給され、ソンリョンが詰めるも、立て続けに失

点してしまった。前半終了間際に谷口のクロスをマルシーニョが左から折り返

し、ゴール右に詰めたダミアンが決め後半に期待を持たせた。

ところが後半開始早々、一本のロングパスからカザイシュヴァリが持ち込み、

ソンリョンとの一対一も股の間から決められ再び2点差にされてしまった。こ

の失点は痛かった。相手は固く守ってのカウンター攻撃で時折フロンターレの

ゴールを脅かす。ロスタイムにダミアンの2発目が飛び出したが時すでに遅し

であった。蔚山の試合巧者振りにまんまと嵌ってしまった試合であった。単独

でもシュートまで持って行く力量のあるトップの配置とがっちり守ってのカウ

ンター狙いの作戦の相手にフロンターレはJ1でも苦戦することが多い。対策

が必要だ。

2022年4月27日 (水)

ACLグループステージ ジョホール・ダルル・タクジム戦DAZN観戦記 2022.04.24

第3節の同チームとの対戦は、他に熱中する仕事があったとは云え不覚にも見

逃してしまった。蔚山が負けているので警戒が必要だと思っていたが、結果が

スコアレスドローと知って驚いた。

この試合、フロンターレが相手の出方を探っている様子もあり、立ち上がりは

互角にみえた。ところが14分に脇坂の鮮やかなFK弾が決り、流れが一変し

た。家長と山根による右からの崩しが有効となり、山根のクロスからコバ悠の

2発が決り、試合の行方はほぼ決した。コバ悠の2発目はボレーからの弾丸弾

で、駆け引きを含め「これぞコバ悠」と言う一発だった。後半、交代で入った

マルシーニョとこの試合フル出場のチャナにも得点があり、終ってみれば、前

の試合のスコアレスドローが嘘のような大勝であった。次節の蔚山戦もじっく

り構えて勝点3をもぎ取って貰いたいものだ。

2022年4月19日 (火)

ACLグループステージ広州FC戦DAZN観戦記 2022.04.18

相手はU-22の選手達で、フロンターレは前節からフィールドプレイヤー全員を

入れ替え臨んだ。今まで出番のなかった新人の松井と移籍組の瀬古が左右のS

Bに起用された。試合は早々に知念が鮮やかに頭で決め、以後前半だけで5得

点のゴールラッシュとなった。後半にCBの高井やFWの五十嵐も投入された。

松井と瀬古は本来のポジションがボランチであり、相手のレベルが低かったこ

ともあり、適正な評価は控えた方がよさそうだ。高井と五十嵐も同様だ。

蔚山が地元のジョホールに1:2で負けたようだ。次戦に対戦だが要注意だろ

う。

2022年4月18日 (月)

ACLグループステージ蔚山現代戦DAZN観戦記 2022.04.15

日本の「死の組」入りを韓国の元代表で大宮アルディージャでもプレーした事

があるイ・チョンスが「喜んだ」とのニュースが大はしゃぎする本人の画像と

ともに流れた。相変らずの韓国の非紳士的な言動に怒りを覚えるとともに、余

りにも幼稚な精神構造に同情の念を抱いた。

前回のロシア大会においても、日本代表がポーランド戦の終盤でみせた「時間

稼ぎ」の戦方に対し、強豪ドイツに対し金星を上げたとは云え予選敗退した韓

国のアン・ジョンハンが「韓国は美しく敗退したが、日本は醜く16強に進出

した」と嫉妬とも思われる言葉を残した。その時も思った。日本と韓国は良き

ライバルとしてアジアのサッカーのレベル向上と発展に共に手を携えて行くべ

きではないか。日本の16強進出がなければアジア枠の縮小が議論されるかも

知れず、日本の進出を祝福しお礼を言うべきではないのかと。

 

ところで、「死の組」は日本からみてのもので、他からはスペイン、ドイツが

当然勝ち抜くものと思われているので、この呼称は当らないとの指摘もある。

悔しいけど現実として受け止めなければならないが、逆に云えば、両国に油断

が生れる可能性もあるので、秘策を練って戦うしかない。守備的にならざるを

得ない戦いの秘策の一つは右SBに冨安の起用である。左SBも強力なDFを

起用したいところであるが、うーん人材不足だ。長友のマスコミ受けする言動

に惑わされて後継者の育成を怠ってきたツケが回ってきたようだ。

 

Jリーグ、4月6日の磐田戦と9日の柏戦は所用によりDAZN観戦が出来なかっ

た。磐田戦は終了間際にぎりぎり追い着き引分、好調の柏戦はフォーメーショ

ンを変更し2ボランチで臨んだのが成功し1:0ではあるが遠征前の一戦を勝

利で終えた。

さて柏戦と同じフォーメーションで臨んだ蔚山戦だが、期待に反し新陣形が機

能しない。相手のロングパスに悩まされ、こちらのアタックは一歩出足が遅い

ためか、ことごとく交わされて、暑さと湿気でスタミナの消耗が心配される展

開の中、ロングパスの競り合いで谷口がレオナルドに交わされ早々と失点しま

った。谷口の競り負けはW杯代表に黄信号(赤信号とも)が灯るプレーであっ

た。後半、フォーメーションを433に変更し、川崎らしさが出たが得点に至

らず、敗色濃厚となった終了間際に、この試合で復帰し、終盤から交代で入っ

た車屋がCKの零れ球を決め、ぎりぎりのところで同点に追いついた。これが

勝利の得点だったら、「ジョホールバルの歓喜」と言えるが、痛快ではあったが

同点なので「歓喜」は控えざるを得ない。

 

2022年4月 3日 (日)

川崎:C大阪戦観戦記 2022.04.02

W杯カタール大会の1次リーグ組合せ抽選が行われ、日本はスペイン、ドイツ、

大陸間プレーオフ(コスタリカ:ニュージーランド)の勝者とともにE組に入

った。早速、「死の組」と呼ばれているが、決ってしまったからには秘策を練っ

て臨むしかない。

再開されたJリーグ。W杯予選での「フロンターレ・ファミリー」の活躍の余

韻が残る中、等々力競技場に向った。真冬の寒さの中の応援だったが、試合も

お寒い限りであった。1-4の結果以上に、ボロボロの守備には目を覆うばか

りであった。ここまでチームが破綻状態に陥ったのは何故か?個々には色々な

要因があると思うが、筆者なりに仮説を立ててみた。

上記のW杯の予選のイメージに囚われて選手もサポーターも、小難しい言葉だ

が、「共同幻想」とか「集団催眠」に陥ってしまったのではないだろうか。サポ

ーターの我々は華麗なフロンターレの得点シーンを期待してスタジアムに詰め

かけた。選手は特に意識はしていないとは思うが、頭のどこかにフロンターレ

のDNAが刷り込まれていた。出だしは悪くなかったが、得点できず前掛りに

なって隙ができ、ミスを突かれて失点してしまった。こんな筈ではない、と思

って焦りが出て、意思疎通のズレやパスミスが重なり追加点を許しますます焦

りが出てしまったのではないか。易しい言葉では、「負の連鎖」とでも云うべき

か。個別に指摘したい事は多々あるが、今大事な事は引きづらない事である。

次戦に期待したい。

2022年3月31日 (木)

W杯最終予選ベトナム戦TV観戦記 2022.03.29

W杯代表が続々決ってきた。欧州プレーオフC組のイタリアとポルトガルの対

決が注目されたが、イタリアは準決勝で北マケドニアにまさかの敗退。昨夏の

欧州選手権を制したヨーロッパ王者イタリアが2大会連続でW杯の出場を逃し

た。その北マケドニアを下してポルトガルが出場権を得た。

サッカー解説に於いては「判断スピード」と「イメージの共有」の用語が度々

用いられる。先のオーストラリア戦の1点目は「判断スピード」の早さを超越

していたように思われる。判断など必要とせず、「イメージの共有」により山

根、守田、三苫の3選手の体が勝手に反応して得たゴールだと思う。2点目を

見た時、最近使われなくなった言葉「ファンタジスト」を思い出した。三苫に

は「ファンタジスト」の称号を与えたいと思う。

そんな事を思いながら迎えた最終ベトナム戦。本戦でのベスト8を目指すため

の準備と本番のグループリーグ分けの組合せ抽選で有利になるためのポット2

入りに必要な勝利の確保がこの試合の命題であるが、先発メンバーを見て気が

抜けてしまった。出番のなかった選手にチャンスを与える事も必要であるが、

日本代表チームとしてのイメージの共有あっての編成が必要であろう。例えば

昨夏のオリンピックの反省から、「黄金の中盤」の遠藤、守田、田中碧のうち

の誰かが欠場した場合(或いは休養を与える場合)の代役の発掘とか。起用さ

れた選手たちも戸惑ったのではないか。外野では早くもW杯本番に選ばれるの

は誰かとか騒ぎ始めているが、イメージの共有されたチーム内での適正をみる

には至らない編成であった。試合は早々とまさかの失点で、DFの吉田キャプ

テンの得点があったものの引き分けに終った。結果的には自らが「消化試合」

にしてしまったと云える。

2022年3月25日 (金)

W杯最終予選オーストラリア戦DAZN観戦記 2022.03.24

「ほっとした」。多くの選手の感想は実感だろう。3戦戦って1勝2敗。監督

更迭の話も出始めた崖っぷちから見事に立ち直った。日本代表兼川崎フロンタ

ーレのサポーターとしては三苫を始めフロンターレ・ラインの活躍で予選突破

を決めたのだから、サポーター冥利に尽きる一戦であった。

冷静に振り返れば、前半の裏を狙ったロングパスの多用作戦は危険が一杯だっ

た。キープ出来ずに逆に相手のロングパスを許し、その都度CBの吉田が対応

に追われていた。相手がオーストラリアだから良かったが、W杯の本番では通

用しないと思った方が無難であろう。双方打合いのような前半であったが、南

野のシュートは惜しいと云うべきなのか、決定力不足と云うべきなのか。

後半、作戦を変えてじっくり運ぶようになったが、得点は奪えず。終盤日本は

疲れのみえた碧に代えて原口を投入し、引分でも有利なので守りを固めるかに

思われたが、攻撃型の三苫を投入し一気に予選突破を果たした。1点目は山根、

守田、山根のワン・ツー・スリーに三苫のフィニッシュだった。先ずは山根が

一旦戻すかにみえたが、Pエリア付近で相手BKを背負った守田に、狭いとこ

ろを通すパス。次いで守田も半身になりながらゴールラインに向けてパスを流

すと、更にゴールライン上ぎりぎりのところから山根がマイナスの折り返しを

通し、守田のパスで後ろ掛りになった相手BKの前の隙間に入り込んだ三苫が

絶妙なコースから流し込んだ。全てがぎりぎりのプレーであった。2点目は左

右の違いこそあれ、1点目の山根のマイナスのクロスとほぼ同じライン上を三

苫がドリブルで運んでフィニッシュまで持っていったもので、相手DFもGK

もマイナス・ドリブルへの対応に戸惑ったものと思われる。

2020年シーズンのリーグ戦優勝の際に、解説者が日本代表の編成について

語っていた話を思い出した。曰く「川崎フロンターレを主体に編成し、不足の

ところ(多分外国人選手のソンリョン、ジェジエウ、ダミアン)を補強すればい

いのではないか」と。この試合では出場できなかった谷口、旗手を含め、守田、

碧、山根、三苫と当時の選手が名を連ねており、憲剛、コバ悠、家長、大島等

もいたので、数名を補強すれば十分通用したのではなかろうか。当然監督も鬼木

で・・・

それにしてもTV中継がないのは問題だと思う。本件は又の機会に。

«川崎:広島戦DAZN観戦記 2022.03.19