2022年8月 8日 (月)

川崎:横浜FM戦DAZN観戦記 2022.08.07

歓喜!感動!

試練の5連戦の真ん中の試合。相手は首位を走る絶好調の横浜FM。ようやく

サブ陣がGKとFP6人の通常編成に戻ったとは云えコンディション的には不

利な状況に変わりはない。右SBに山根、IHの一方にチャナティップが戻っ

た他は浦和戦と同じ先発メンバーで、頑なに433の陣形を取りフロンターレ

のストロング・ポイントを押し出して行こう、との強い姿勢がみてとれる。

一進一退の攻防で始まったが、横浜FMが前からのプレスを強め、やや押し気

味に進むも、頃合いの時間帯にフロンターレが先制した。谷口から右に上った

山根に絶妙なパスが送られ、山根のワンタッチのクロスにダミアンが難しいワ

ンバウンのボールにヘッドで合わせた見事なゴールであった。谷口のパス、オ

フサイドぎりぎりの山根の抜け出しとボレーでのクロス、ダミアンの難易度の

高いシュートはどれもぎりぎりのプレーであった。1点リードのまま前半終了

かと思われたが、終了間際に横浜FMのカウンター攻撃を受け、仲川に同点ゴ

ールを許してしまった。通常は最悪の時間帯での失点かと思われるが、前期の

一戦のような相手の押せ押せムードを断ち切る休止が入りむしろよかったので

はなかろうか。

後半も横浜FMがやや優勢で展開するが、後半30分の木村主審の負傷交代の

アクシデント(第4の佐藤審判が代行しJ1初の笛)を挟み、睨み合いのまま

引分の気配が濃厚となる。フロンターレはダミアンに代えてFWとして山村を

投入したが、これが勝負の分かれ目になるとは想像も出来なかった。セットプ

レーで上ったジェジエウの足がつったため、そのまま前線に残り山村がBKに

入った終了間際に家長のクロスを、足がつったとは思われないジェジエウが豪

快なヘッド弾を放つと、ポスト内側に当りネットを揺らした。コロナ禍にめげ

ずひたむきに戦い続けたフロンターレへのサッカーの神様からのプレゼントか

も知れない。

 

話は変わるが、鹿島のヴァイラー監督の退任が決まったようだ。5戦勝利なし

のここ2戦無得点の「不振」が理由だが、何とも急すぎる。シーズン途中のエ

ース上田の欧州転出などが不振の要因のようだが、初のヨーロッパ出身の監督

には、長年ブラジル流でやってきた鹿島の水が合わなかったのだろうか。

2022年7月31日 (日)

川崎:浦和戦DAZN観戦記 2022.07.30

ジェジエウが復帰し、「さーこれからだ」と思っていたところ、蓋を開けてみれ

ば大量のコロナ陽性者が出て、サブのフィールド・プレイヤーは2人だけで、

異常な編成となった。それでも両SBに専門職ではない瀬古と橘田が入った他

は顔ぶれとしてはけっして悪くない。マルシーニョ、ダミアン、家長の前3人

にIHが遠野と脇坂、1ボランチのシミッチ、ジェジエウと谷口のCBだ。問

題は脇坂はともかくとして日韓戦フル出場の谷口の疲労度と久々のジェジエウ

や両SBとの連携などだ。解説者も言っていたが、フロンターレは失点せず省

エネで前半を乗り切ること。ところがあっと云う間の失点で、ペースは浦和に

握られてしまった。10分後にはシミッチが翻弄されて、追加点を奪われ早く

も赤信号が灯る。台所事情を考えるなら、2ボランチの守備的な体制で行くべ

きだと思われるが、頑なに433のシステムで両ワイドに隙が出来てしまう。

成功体験もあり、システムは急に変えられないのだろう、と思うしかない。後

半、PKを得て1点差に迫ったが、浦和の粘り強い攻撃に3点目を許し万事休

すであった。フロンターレ・サポーターとしては緊急事態を克服して敵地で勝

点3をもぎとる姿を見たかったが夢と消えてしまった。ルヴァンを含めての5

連戦をどう乗り切るのか、試練の8月になってしまった。柔軟な戦法がとれる

かどうかが鍵になるだろう。

2022年7月29日 (金)

東アジアE-1選手権 日韓戦TV観戦記 2022.07.27

香港、中国は格下なので実質的には日韓の争い。ところが日本は前の試合の中

国戦がスコアレス・ドロー。ちょっとした事件だ。がっちり守備を固めた中国

陣地を崩せなかった。川崎フロンターレが圧倒的に押しながらも得点できない

シーンが目に浮かんだ。

この試合、韓国は引分でも優勝であるが、年初の惨敗の借りを返したいとの思

いもあるので守備一辺倒にはならないだろうと予想した。前半、日本は押して

いたが決め切れず。後半開始早々に相馬のヘッド弾が決り先制し流れは完全に

日本の方に傾く。CKから佐々木のヘッド弾が決ると、韓国チームは戦意喪失

したかのように思われた。日本チームは手を緩めず、完全に崩して町野が難な

く押し込んだ3点目のおまけまで貰い、終ってみれば3:0の快勝であった。

フル代表チーム同士の試合ではないとは言え韓国代表相手に3:0の快勝です

っきりした。

本大会は国内在籍選手だけが招集された。マスコミはW杯代表入りをかけたア

ッピールの場だ、と大騒ぎ。選手まで、「ゴール、アシストと言った具体的な結

果を残したい」とその気になる始末。アッピールの場であることは否定しない

が、果たしてゴール、アシストの結果だけが求められるのだろうか?また、格

下の香港戦や中国戦で活躍したところで、代表選出の参考になるのだろうか?

求められているのは、過密日程のW杯本番でレギュラー・クラスの代理が務ま

る選手の発掘であろう。例えば、遠藤、守田、田中の中盤の3人の一人を休養

させる場合に代行できる選手の確保など。

 

話は変わるが、7月20日にフロンターレ対サンジェルマン戦の「国立劇場」

のお祭があった。試合結果はともかくとしてジェジエウの元気な姿がみられ

ほっとした。存在感十分であった。

2022年7月11日 (月)

川崎:G大阪戦DAZN観戦記 2022,07.09

6日の鳥栖戦は相手側にコロナ陽性者が出たため中止。1週間空けてのホーム

ゲームとなったが、鬼木監督が新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者の判定

を受け欠場となり、寺田周平コーチが代理で指揮を執る事となった。

アッターカー陣は左からマルシーニョ、ダミアン、家長で、チャナティップと

脇坂のIH、ボランチに橘田が戻り、DFは佐々木、車屋、谷口、山根の布陣。

不安の中のスタートだったが、早々に中盤で競り合いながらチャナティップか

らマルシーニョに絶妙なパスが出て、マルも止まることなく運びアーリークロ

ス放てば走り込んだダミアンにピタリと合い、ダミアンもきっちりと決めた。

目を見張るような電光石火の鮮やかな先制点だった。数分後にガンバの奥野が

スパイクの裏を上げて脇坂の太腿を直撃したプレーがVARの結果一発レッド

と判定され、フロンターレには好都合だが、試合の興味は薄らいだ。この機に

乗じて怒涛の攻撃をみせたフロンターレが3点を追加して前半を終了。後半ど

れだけ積み上げられるかと思ったが、得点力不足が露呈し無得点に終った。勝

利が全てだが、一人少ない相手に対しての後半無得点は次戦に向けて課題を残

したと言える。一方、終了間際に怪我から復帰の登里がピッチに立ったのは明

るい材料だ。

2022年7月 4日 (月)

川崎:C大阪戦DAZN観戦記 2022,07.02

1:2の悔しい逆転負け。得点力不足は深刻だ。レバタラはなしだが、開始早々

にポストを直撃した脇坂のシュートが入っていれば展開は大きく変わったもの

と思われる。その後、フロンターレが圧倒的に支配するも得点の匂いが感じら

れない。CKから谷口が鮮やかな先制弾を決めたが、逆にセレッソに火を点け

てしまったようで、以後押される展開となった。FKからの2失点は予想外の

出来事であったが、フロンターレが追加点を獲れなかったことが大きくのしか

かっていた。最大のチャンスは、カウンター攻撃から佐々木のクロスをフリー

で放ったコバ悠のヘッド弾であったが、大きく左へそれてしまった。それまで

ファーサイドでのヘッド弾と抜け出してのシュートがGK正面だったので、コ

ーナーを狙ったものと思われるが、裏目に出てしまった。橘田の左SB起用な

ど試行錯誤中かと思われるが、挑戦者の積りでもう一度頑張って貰いたいもの

だ。

2022年6月27日 (月)

川崎:磐田戦TV観戦記 2022,06.25

天皇杯3回戦から中2日での磐田戦。観戦記を忙しさにかまけて怠っていると、

あっと云う間に次の試合がきてしまう。札幌戦で得点欠乏症が吹っ切れたかと

思ったが、次戦天皇杯のヴェルディ戦は無得点のままあっけなく敗退してしま

った。札幌戦から先発陣をがらりと入れ替えたのが裏目に出たとか、雨のピッ

チが川崎に不利に働いたとか敗因は色々上げられると思うが、ヴェルディの勢

いに圧倒されたものと思う。目下絶好調の横浜Fマリノスや浦和、FC東京も

揃って討ち死にした。トーナメント戦の怖さをあらためて思い知らされたのだ

が、J2チームにも力のある選手がごろごろいることも認識しなければならな

い。彼らがチームとしてまとまった時、同時に上位チームに油断があった時な

どに下剋上が起きるものと思われる。フロンターレが両SBと両IHを同時に

入れ替えて起用したところは「油断」の一つかも知れない。

磐田戦だが、またも得点力不足が露呈してしまった。終盤のCKからの一発に

泣かされたが、ベルディ戦で喰らった一発同様に想定外の一発はサッカーには

つきものだ。そこで毎試合3得点以上を目指したはずだが今シーズンは札幌戦

以外は実現できていない。三苫や碧、旗手らの代表クラスの選手達が移籍した

こともあるが、それ以上に得点力不足に悩むのは、川崎の戦術が各チームに学

習されてしまったことにある。ボールは回せるが、最後の砦を崩せないでいる。

カウンターのスピードアップや遠目からの強引なシュートなど目先を変えた戦

い方が求められるのではないか。

2022年6月22日 (水)

川崎:札幌戦DAZN観戦記 2022.06.18

すっかりご無沙汰してしまった。キリンカップとU-23アジアカップの大半の試

合はDAZN観戦したが、生来の怠惰な性格が災いして観戦記の掲載が滞ってしま

ったことをお詫びします。代表チームの4試合はパラグアイとガーナには快勝

したがブラジルには0:1、チュニジアには0:3の敗戦。ともにゴールが遠

かった。自分も含めて多くのサポーターがチュニジアには勝てると思ったので

はないか。それが完敗であった。こんなはずではなかったのに、とピッチ上の

選手達も思ったかもしれない。現実はチュニジアのしたたかな戦術に屈し、攻

め手がなかったように思われた。前半、右サイドの伊藤は楽な形でパスを貰え

クロス迄持ち込めたが、そこまで。相手も中を固めれば防げると思ったのであ

ろう。一方、途中から投入された三苫には最初からマークが二枚ついた。ゴー

ルラインぎりぎりまで切り込まれるのを嫌ったのあろう。左右二人のエースへ

の異なる対応をみるにつけ、チュニジアは周到に準備してきたことが分る。変

な話だが、ここで楽勝してマスコミの「W杯予選リーグ突破がみえた」とか言

った無責任な記事が踊るより、現状認識が出来て良かったのかも知れない。

U-23アジアカップの準々決勝韓国戦は飛び級で参戦しているU-21の日本が快勝

し痛快だった。鈴木唯人の3点目はストライカーらしい得点だった。相手BK

が緩かったとは言えゴール前でBKをかわしてのゴールゲットは久し振りにみ

た。当然優勝と思ったが、深夜観た準決勝のウズベキスタン戦は予想外の敗戦

であった。ウズベキスタンがこんない強いとは思わなかった。アジア全体のレ

ベルが急速に上っていると感じた。

さて札幌戦だが結果オーライで安心した。チャナティップと大島が戻り、早速

MFに起用された。橘田は左SBでこれは意外だった。前3人は遠野、知念、

家長で構成。先制点は札幌で、大島のブロックが爪先に当り相手への絶好のパ

スとなってしまった。家長の同点弾も相手BKの細かなバックパスの呼吸が合

わず家長の前に流れてきたもの。福森のCKを荒野に頭で決められた時は穏や

かではいられなかった。ところが、本人には悪いが知念の負傷退場があり、替

って入ったコバ悠が大活躍だ。再度の同点弾は技ありのオーバーヘッドキック

で、J1の今季ベストシュートだろう。これで勢いに乗り、途中投入のダミア

ンとマルシーニョで相手GKからのパスを浚い、一発目は防がれたが、こぼれ

球をコバ悠が見逃さずに勝ち越し弾を決めた。4点目もコバ悠が粘ってキープ

したところから生まれた。最後はこれぞ等々力劇場、マルシーニョの圧巻のぶ

っちぎりシュート。久々の5点目であった。5得点はいずれも綺麗に崩したも

のではなく相手のミスにしぶとく喰らいついたもので、今後の攻めの参考にな

るものと思う。

2022年5月28日 (土)

川崎:湘南戦DAZN観戦記 2022.05.25

前節の鳥栖戦は観戦できず。谷口がレッドカードで一発退場となり、今節は出

場停止に。その影響もあったかも知れないが、余りの惨敗に声も出ない。今季

の3敗はいずれも4失点。先取点を奪われると慌てて取り返そうとするのか、

連続して失点してしまう。

この数試合はクリ-ンシートできたが、危ない場面も多かった。ソンリョンの

セーブや相手のシュートミスに救われたが、一歩間違えればこの試合のように

なる予兆があった。谷口の退場にしても、何度かロングボールの競り合いで負

けていたので、その影響が出たのかも知れない。他の選手への心理的影響もあ

ったかも知れない。一発退場の恐怖感からか球際で湘南の選手に負けていた。

早めに得点出来ていない焦りもあるかも知れない。暫くは苦しい戦いが続きそ

うだ。

2022年5月19日 (木)

川崎:神戸戦DAZN観戦記 2022.05.18

前節初勝利、それも4:0の圧勝で意気上がる神戸とのアウェイ対戦。荒れた

ピッチも心配だ。フロンターレの先発陣は車屋が復帰し、IHに遠野、左SB

に佐々木が定着して再開後の3戦とも変わらず。予想に反し神戸は守備的な布

陣で、攻撃はイニエスタ頼りの割り切り様だ。フロンターレはボールは回せる

が中央を固めた神戸の堅陣を崩せないまま前半終了。後半、フロンターレ側の

ミスもあったが神戸が一気に攻勢に出る。開始早々、バックヘッドのクリアボ

ールが汰木に流れGKと1対1となるもソンリョンが凌ぐ。直後には谷口のパ

スミスからBK陣が振り回され、山口にフリーで打たれたが、ミスショットの

バーの上で助かる。その後、落ち着いたが一進一退の展開。川崎が再び攻勢に

出たのはイニエスタが下った直後から。役者もダミアンから知念、遠野からシ

ミッチへと入れ替わった。とは云え神戸の堅陣は崩せず引分の雰囲気の中のア

ディショナルタイムにCKを得た。橘田に替わった小塚のCKをマークを振り

切った谷口がねじこみ劇的な勝利で幕を閉じた。この勝点3は大きい。神戸は

負けた気がしないのではなかろうか。

次節は中2日でアウェイの鳥栖戦だ。重苦しい展開になると思うが、何とか結

果を残して貰いたいものだ。

2022年5月17日 (火)

川崎:福岡戦観戦記 2022.05.14

4月2日以来の等々力観戦。前回は冬のような寒さだったが、今回は夏のよう

な暑さだ。等々力には冬と夏しかないようだ。昨季分が悪かった九州勢との対

戦。あらためて今季の福岡の成績を眺めたら、ここまで12試合で失点は僅か

に7と守備が固い一方、得点は10と攻撃力は弱い。結果として3勝6分4敗

で順位は中程だ。この試合も固く守って勝点1を持って帰るか、あわよくばカ

ウンター一発で金星を持って帰る作戦と思われる。

試合に入ると福岡は守備一辺倒ではなく両チーム互角の形勢で、重苦しい雰囲

気のまま前半を終了。後半に入っても形勢に大きな変化は見られなかったが、

じわじわとフロンターレの圧が効いたものと思われる。スローインからの先制

点の場面、今までの福岡の固い守りが嘘のように、真ん中がぽっかり空き、山

根のスルーパスを受けた遠野がきっちり決めた。5分後には、CKから車屋が

綺麗に頭で合わ追加点をもぎ取った。この得点シーンの直後、福岡の選手がゴ

ール前で倒れておりVAR判定に持込まれたがお咎めなし。今日こそ久し振り

に3点目が見られると思ったが、2点止まりで試合終了となった。

次節はACL組の対戦、ようやく今季初勝利を挙げた神戸が相手なので、油断

は出来ない。

«川崎:清水戦DAZN観戦記 2022.05.07