2022年12月 6日 (火)

W杯決勝トーナメント一回戦クロアチア戦TV観戦記

結果はPK戦の末の敗退で新しい景色は見られなかった。解説者が語っていた

が、敗因は「まだ一つ何かが足りない」に尽きるだろう。その何かを次の大会

までに探し修正することが課題であろう。

前半終盤の理想的な時間帯に先制したが、後半の10分に追いつかれてしまっ

た。相手BKのロブレンのクロスをペリシッチに頭で合わされたものだが、モ

ドリッチを中心にした「黄金の中盤の3選手」を警戒する余り、ロブレンへの

マークが甘くなり余裕を以ってクロスを上げさせてしまったところが悔やまれ

る。日本の「対応力」が足りなかった、との指摘もあるが、クロアチアの百戦

錬磨の試合巧者振りにやられてしまったようだ。後半のクロアチアは細かくつ

ながずに、日本のBK陣の両サイドや間にロングパスを多用してきたため、そ

の対応に追われてカウンターに出られなくなった。また自陣でロストしバタバ

タするシーンも多かった。予選リーグなら引分の勝点1でもよかったかも知れ

ないが、決勝トーナメントの1回戦はPK戦で敗れ今大会も8強はならなかっ

た。切札の三苫のドリブルからの惜しいシュートがあったが、全般的にはチー

ムとして三苫を活かしきれてなかったように思われる。右サイドの伊東にして

も守りに時間をとられることが多く、スピードを活かす場面が少なかった。

PK戦は結果論だが、失敗した3選手のシュートは弱々しく感じられた。余力

が残っていなかったのか、精神的な脆さなのか。この辺りも課題の一つに上げ

られるであろう。

(W杯カタール2022一次リーグ、決勝トーナメント一回戦の結果)

決勝リーグ進出国を大陸別にみると、ヨーロッパ8、南米2、北中米カリブ1、

アジア3、アフリカ2で、アジアから3ヶ国が進出するのは史上初めてである。

開催国カタールの気候や開催時期の影響があったかも知れないが、アジアのレ

ベルが着実に上ったとみるべきであろう。ところがオーストラリア、韓国共々

決勝トーナメント一回戦で敗退し、ヨーロッパや南米の国との格差を痛感させ

られた。

2022年12月 2日 (金)

W杯一次リーグ・スペイン戦TV観戦記 2022.12.02

今年の流行語大賞がこれから選定されるならば、「三苫の1ミリ」が選ばれる

であろう。世界中が騒然となるほどの際どい判定であったが、勝利の女神は日

本チームに味方してくれた。角度によってはゴールラインを割っているように

も見えたが、VARによりインプレーが認められ、三苫のクロスを押し込んだ

田中碧のゴールが確定し、これが決勝点となった。続ドーハの歓喜だが、サッ

カー強国のドイツとスペインを破り首位で「死のグループ」を突破したのだか

ら、「ドーハの奇跡」と言うべきだろう。5BKで守備的に入ったにもかかわ

らず、早々にあっさり先制点を許してしまったが、ドイツ戦と同じく前半を1

失点で切り抜けたのが大きかった。堂安と三苫の投入で流れが変わり、後半早

々に堂安の目の覚めるような1発で同点に追いついた。ドイツ戦の同点ゴール

は三苫と南野で作ったチャンスに決めた、「ごっそさん」ゴールの観があった

が、この試合のゴールにより堂安の実力を再認識した。ゴールに至るまでのチ

ームプレーも素晴らしかった。左サイドから三苫や前田が相手GKにプレスを

掛け、たまらずに蹴り出したボールを、前半は右サイドで守備に追わていた伊

東が飛び出して競り勝ち、堂安につなぎ同点弾に結びついた。余韻の残る中、

数分後に飛び出したのが「三苫の1ミル」からの碧の勝越し弾であった。後半

途中から起用された冨安は本職の右SBの位置で安定感をみせ、終盤には遠藤

も投入されて逃げ切り、決勝トーナメントへの切符を手にした。E組のもう一

方のドイツ対コスタリカ戦の途中経過に動きがある度に、「このまま終わった

ら」の順位がころころ変わる展開はスリリングであった。日本が勝ち越した後

に、コスタリカも勝越して、その時点ではドイツとスペインが予選リーグ敗退

と云う大波乱含みの展開であった。最後はドイツが4-2でリードとの情報が

入り、日本は首位通過か予選落ちかどちらかの展開となっただけに、終了の笛

とともにサポーターとしても涙が零れるほど嬉しかった。

2022年11月28日 (月)

W杯一次リーグ・コスタリカ戦TV観戦記 2022.11.27

一転してドーハのピンチだ。今度は解説者達が上げる敗因がどれも「もっともだ」

と思えてしまう。一夜にしてこうも変わるものか。代表的な敗因として指摘される

のは、コスタリカが5BKの本来のシステムに戻したのに対し、日本は消極的な攻

めで相手の堅守を崩せなかった事、あたりであろうか。失点の場面では吉田の判断

ミス、即ちクリアせずに中央の守田に浮き球のパスを出したところを奪われて失点

に結びついた点が批判されている。権田の守備位置も大分前目だったように思われ

る。ランクが下の相手で、しかも前の試合は7失点の大敗を喫しているので、サポ

ーターの多くが勝点3は容易いと思ったのではなかろうか。中にはスペインが大量

点を奪ったので、日本も出来るだけ多く得点して勝つ必要がある、と言及する解説

者もいた。前回の記事にも書いた通り、監督や選手たちは決して浮かれ気分ではな

かったと思うが、国を上げてのお祭り騒ぎは微妙に影響したものと思われてならな

い。次のスペイン戦は引分でも、ドイツvsコスタリカ戦の結果如何では一次りーグ

突破の可能性が残されているが現実は厳しい。とは云え、ドーハの奇跡を信じて応

援するしかない。

2022年11月25日 (金)

W杯一次リーグ・ドイツ戦TV観戦記 2022.11.23

ドーハの歓喜だ!解説者達が様々な勝因を上げているが、どれも「もっともだ」と思えて

しまうから不思議だ。代表的なものとして、後半のシステム変更とタイムリーな選手交代

、更にはシステム変更に対する選手の適応力が上げられる。これ以上のことを述べるのは

野暮と云うものなので、想像の範囲を出ないが、ここではドイツ側の敗因について少々触

れておきたい。

前半、ドイツ側からみれば、予想に反し攻守ともに日本チームは精彩を欠いている、と見

えたであろう。ところがPKで先制したもののチャンスがありながら追加点が奪えない。

そこでハーフタイムには、決定機を確実にものにするにはどうすべきかが話し合われたの

ではなかろうか。後半もドイツチームをリスペクトした戦い方だろうと思っていた。そこ

には、日本チームがシステムを変更してきたらどう対応すべきかの議論などは頭の中にな

かったであろう。

ところが後半、蓋を開けてみたら前半とは全く違うチームが挑んできた。こんな筈ではな

い、と思ったら勝負事は負け戦の泥沼に誘い込まれてしまう。

三苫が鮮やかに相手BKを抜き去る場面こそ見られなかったが、同点弾の起点になったプ

レーには三苫らしさが感じられた。決勝弾を叩き込んだ浅野のプレーには驚かされた。失

礼ながら、あれほど上手いトラップが出来るとは思ってもみなかった。角度のないところ

から、名手ノイアーの顔面近くを襲ったシュートも見事であった。どちらももう一度やれ

と云っても難しいのではなかろうか。PKを献上した権田もその後動揺せずビッグセーブ

を連発したのは立派であった。

監督、選手は冷静だと思うが、国中が少々浮かれ気味なのが気になる。アトランタ五輪の

時、マイアミの奇跡と呼ばれるブラジル戦の勝利がありながら、決勝トーナメントに残れ

なかった事を思い出さざるをえない。スペインに大敗したコスタリカは死に物狂いで挑ん

でくるだろう。スペインの大量得点に惑わされず、1点差でよいから勝点3を確保して貰

いたいものだ。

2022年11月 7日 (月)

川崎:東京戦TV観戦記 2022.11.05

奇跡は起こるか。この時点で勝点差は2。得失点差は横浜が11点も上回るの

で、仮に川崎がFC東京に勝利し勝点3を得ても、横浜が神戸に負けない限り

優勝には届かない。初優勝の時は最終戦で勝点が並び、得失点差が優って優勝

できたが・・・W杯代表に選ばれなかった神戸の大迫が、森保を見返してやる

とばかりに大活躍することを祈るばかりだ。アウェイの東京戦の観戦に誘われ

たが、自分が味スタに行くと分が悪いので辞退した。

両軍のモティベイションの違いか、フロンターレが押し込む展開が続き頃合の

時間帯に脇坂の鮮やかなミドルシュートが決り先制に成功した。森重のヘディ

ングが枠を捉えてどきっとした場面があったが、ソンリョンが胸で弾き返し難

を逃れた。ところが、30分前にカウンターで抜け出したアダイウトンを止め

たソンリョンのプレーがDOGSOとなり一発退場の緊急事態だ。故障者続出

やコロナ禍など試練の多かった今シーズンを象徴するかのような試練に又も襲

われた。登を下げて丹野が入り、橘田が左サイドバックの441の防御体制を

敷き、東京に攻められながらも守り切って前半を終了。ところが、後半脇坂に

替えて車を投入し、橘田、シミッチのボランチ体制で守備を固めたにもかかわ

らず、ゴール前の混戦からアダイウトンに決められしまい更なる苦境に立つ。

こうなると一人少なくても点を取りに行かざるを得ない。敵陣でアタックした

ボールが森重の前に流れたが、橘田がしつこく追走し森重との攻防を制して奪

ってクロスを入れ、ゴール前のマルシーニョがループ気味とも当り損ない(失礼)

ともみえるシュートを決め再びリードを奪った。誠に天晴れなゴールだ。その後、

大きく左に振らたクロスをゴールライン際からワンタッチボレーで折り返され、

これを又もアダイウトンに決められ同点。試練は続くが、川崎は渋太く粘り相手

のオウンゴールを誘って勝ち点3を確保した。ここまでやればサッカーの神様が

ご褒美をくれると思ったが、この日の神戸は不甲斐なく横浜の勝利で今シーズン

の幕を閉じた。

札幌戦のボロボロになった敗戦の後の観戦記で、「もう優勝しなくてもいいんだよ」

と記載したが、鬼木監督が選手を鼓舞して最終戦までもつれた展開に持ってきた事に

敬意を表したい。お疲れ様でした。

2022年10月31日 (月)

川崎:神戸戦観戦記 2022.10.29

絶好の観戦日和。Bゲート前は指定席入口にもかかわらず長蛇の列で、その中に

チョン・テセ一家の姿があった。テセやジュニーニョと云った傑出した選手が

いても優勝出来なかった時代を懐かしく思い出したが、今は感傷にしたってい

る場合ではない。どんな形でも良いから勝点3の奪取が必要だ。

相手は5連勝中で降格のプレッシャーがなくなった神戸。エースの大迫も復活

しW杯代表選出へのアッピールの場として積極的に仕掛けてくるだろう。難し

い試合になることが予想される。

フロンターレはソンリョンが予想より早く復帰して先発。BK陣は山根、谷口、

車、登。シミッチがボランチでIHは脇坂と橘田。FWが家長、コバ悠、マル

で、ベンチにはソンリョン同様予想より早く復帰したジェジエウが控え心強い

限りだ。

キックオフ直後に攻め込まれたが、その後はフロンターレのペースで進む。数

回チャンスを逃す。この時間帯に得点できないと流れを失いかねない、と思っ

たところ、20分に家長のクロスがGK前のマルに通り、混戦の中からマルが

決めて先制に成功した。その後、コバ悠が抜け出しGKと1対1になった局面

があったが決められず。場内にため息が漏れる。前半は1:0で終了。

後半早々神戸が攻勢に出て、バイタルエリアのやや遠目のところでFKを与え

てしまう。これを小林祐希に決められ同点。横浜リードの情報の下、後がなく

なったフロンターレだが、終盤にコバ悠がゴール前で粘りファールを貰う。微

妙な位置でVARの結果PKを獲得し、プレッシャーの中家長が決めて、これ

が決勝点になった。「どんな形でもいいから勝点3奪取」。正にそのような試

合結果であった。

終了後、小杉駅前のイタ飯屋でサポーター仲間25名の打上会。壁に「あきら

めない、3連覇」の模造紙の横断幕が張られた中、次節FC東京戦に向けて気

勢を上げた。

2022年10月16日 (日)

川崎:京都戦観戦記 2022.10.12

ソンリョン、ジェジエウ、知念が負傷欠場、シミッチの累積警告による欠場の

一方でチャナティップと橘田が先発で、車屋がベンチスタートで復帰した。と

は云えダミアンの長期離脱もあり台所事情は苦しい。前節に続いて降格争いの

中にいる京都が相手で難しい試合になると予想するも、早々にCKのこぼれ球

をチャナティップがつなぎ谷口が頭で決めて先制した。更に前半中頃にやはり

CKから山村のヘディングシュートがポストを叩いた跳ね返りを橘田が決め、

主導権を奪った。後半中頃にも脇坂のクロスをマルシーニョが決め楽勝ムード

が漂う。ところがちょっとした隙をつかれ左サイドを突破され、中央で待ち構

えたパウリーニョに難なく決められてしまった。ここからばたばたしてしまい

京都の時間帯となるも、3:1のまま試合終了となった。横浜対磐田の試合結

果、アウェイの磐田が1:0で勝利の報に同行者一同歓声を上げた。

道すがら、「零封して欲しかった」と同行者に話したところ、「今はそんな贅沢

を言っている場合ではない」と窘められた。

2022年10月10日 (月)

川崎:清水戦観戦記 2022.10.08

久々の等々力観戦。前節負傷のソンリョン、ジェジエウ、車屋と出場停止の橘

田に替って、GK丹野、BK谷口、山村、MF遠野の投入、他に右SBの佐々

木とCF知念に替って山根とコバ悠が先発で起用された。降格圏脱出を狙う清

水が積極的なプレスを掛けてくるかと思ったが、意外にもゆったりとした展開

となった前半の中頃、フロンターレのCKから清水のクリアボールが遠野の前

にこぼれ、これを遠野が鮮やかに決め先制し、そのまま前半が終了。ところが

後半開始から清水が攻勢を掛けてきて、勝手が違ったのか防御が整わず、10

分程度の間に立て続けに失点し、逆転を許してしまった。同行者からは、「毎回

同じだ!」と悲鳴にも似た叫びが放たれた。その後も、清水のプレスがきつく、

又川崎側の動きも悪く前線へボールを運べずに時間が経過するばかりだ。それ

でも60分に遠野に替って知念が投入されると少しづつ川崎の時間帯が戻って

きた。残り15分になったところでCKのチャンス。脇坂のCKを山村が仕留

めついに追いついた。ここから一気に攻勢に出た数分後、右サイドに展開し、

山村のクロスをゴール前でマルシーニョが渋太く折り返し、ゴール前に詰めた

コバ悠が気合で押しみ、再逆転に成功した。このまま逃げ切りかと思ったが、

終了5分前に清水に振り回され、途中投入のヤゴピカチュウにフリーで楽々と

ヘッド弾を決められてしまった。これはオフサイドで救われたが、完全に崩さ

れた防御には課題が残った。試合はそのまま逃げ切り、久々の勝利の美酒に酔

った。横浜がホームでG大阪に零敗し、僅かながら望みが残された。

2022年10月 4日 (火)

川崎:札幌戦TV観戦記 2022.10.01

川崎:札幌戦TV観戦記 2022.10.01

川崎先制、札幌逆転、川崎再逆転、終了間際の札幌の再々逆転。壮絶な点の取

り合いの結果は3:4の敗戦。残念だが、また悔しいけれど、落城、討死と云

ったマイナス・イメージの言葉ばかりが浮かんでくる。選手達には「優勝しな

くてもいいんだよ」と労いの言葉を掛けたくなる。ソンリョン、ジェジエウ、

車屋の負傷は大事に至らなければ、と思う。無理がたたっての選手生命が心配

される。両者ともPKの得点。ノーゴール判定からVARで覆った混戦から押

し込んだ知念の得点。VARの結果、オフサイドで免れた失点2回。橘田の一

発退場も加えいろいろな事があり過ぎた試合であった。チームに勢いのある時

はこのような試合をものにするのだろう。

2022年9月28日 (水)

キリンチャレンジカップ 日本代表:エクアドル戦TV観戦記 2022.09.27

米国戦は開始時間に間に合うように帰宅したが、外出先での水分補給に行き

過ぎがあり、睡魔の襲来により途切れ途切れの観戦となってしまった。

FIFAランキング上位の相手を圧倒する内容であったが、相手の出場選手の

実力も含め、調子が今一の様子だった。これも睡魔の一因だったかも知れ

ない。

エクアドル戦の日本代表の先発メンバーは米国戦から総入れ替えと云う大胆

な起用となった。東京五輪で中2日でも先発メンバーを変えず、批判された

のがよほど堪えたのだろうか、まるでBチームが出てきたみたいだ。多くの

サポーターが、「それはないよ」と思った事だろう。エクアドルのプレスが

早いのには驚かされた。個人技にも優れキープ力も確かで、ダニエルのPK

を阻止したスーパープレイもあったが、よくぞ失点しないで凌いだものだと

云うべきか。仮想コスタリカだとしたら、楽勝などして浮かれる事にならな

かった幸運に感謝すべきであろう。

本番でも、第2戦のコスタリカ戦はBチーム(?)で臨むのだろうか?

«川崎:柏戦DAZN観戦記 2022.09.17