« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月

2016年5月31日 (火)

川崎:磐田戦観戦記 2016.05.29

すっかりJ1慣れし、勢いが出てきた磐田を迎えての一戦は難しい試合になるだろう、と予想はしていたが、ここまで難しくなるとは思わなかった。相手オウンゴールによるものとは云え、終了間際の得点は、勝ち点3に直結しただけに貴重だ。

但し、新潟戦のように引き分けに終わる事もあるので、もう一つ引き出しが欲しい、と思った。尚、試合前、景気づけに日本ダービーに参戦したが、こちらは掠りもせず。逆に取れていたら、磐田戦は負けていたかも知れない。

2016年5月 7日 (土)

川崎:仙台戦観戦記 2016.05.04

ホームに仙台を迎えての一戦は痛恨のドローに終わった。選手もベンチもサポーターもいらいらがつのった試合だった。湘南戦、仙台戦と下位に低迷するチームを相手にホームでドローとは、情けない限りだ。優勝する為には取りこぼしは許されないはずなのに。。。

何かが足りない。失点の場面は仙台のヒールによるパス1本で崩されたもの。失点よりも得点の形が出来ていなかったように思われた。前半から意思疎通を欠き、虚しくゴールラインを通過したパスや相手に読まれたパスが目立った。大久保も目立たなかったし、憲剛のプレーにも切れが乏しかった。相手のプレッシャーがきつかったのか。同行者は、谷口のところでパスが回らないからだ、との説を唱える。自信を失っているようだ、とも。先発から外し、サッカー脳を休めたらどうか、の案。筆者も賛成であるが、次節の柏戦にエドゥアルドが出られないので、CBで使わざるをえないだろう。気分転換でもして貰いたいものだ。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »