« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

川崎:柏戦観戦記 2016.08.27

アウェイ・浦和戦の勝利で再び第2ステージの首位に立ち、勢いに乗って連勝と行きたかったところだが・・・
結果は2‐5の惨敗であった。浦和戦の勝利で気が緩んだ訳でもないと思うが、雨仕様の戦い方を構築できず、相手のペースに嵌ってしまったところが、最大の敗因と思われる。
選手間の距離をコンパクトに保つ布陣が裏目に出て、相手の守りもそれに合わせてコンパクトになり、肝心なところでスルーパスをカットされ辛い展開となってしまった。
雨中戦では低めのシュートが鉄則であるにもかかわらず、小林悠のシュートはことごとく虚しくバーを越えて行った。
敵方は両サイドを高い位置に張って、大きなパスで深く攻め込み、その結果、CKやFKを与えてしまい、そこから失点してしまった。
その他、GKからのロングフィードを収められず、攻撃の起点が出来ないところなども改善ポイントと思われる。
急には方向転換できないと思うので、この試合の事は忘れて、フロンターレのサッカーを信じて、開き直って戦うしかない、と思われる。

2016年8月 4日 (木)

川崎:湘南戦観戦記 2016.07.30

ハードワークのチームを相手にアウェイ戦を如何に戦うか、今後を占う一戦だ。相変わらずプレッシャーがきついが、後半15分までに3点をもぎ取り楽勝ムードが漂う。ところが、3点目の直後に湘南の速攻について行けず、1点を失うと、試合は俄然白熱化してしまった。特に残り15分はアップアップの状態で45分にはFKからアンドレ・バイアに一発をくらい、1点差に迫られると云うドタバタ劇だ。
蹴り返したボールがことごとく相手方に収まってしまうのだから、始末が悪い。ロスタイム6分の表示にどよめきが起こるも、何とか逃げ切って勝ち点3は確保したが・・・

川崎の3点は「大技」によるものばかり。先ずは車屋の先制点はペナルティエリア奥深くに切れ込み自ら決めたもの。2点目は憲剛のロング・スルーパスが通り車屋の絶妙のクロスに大久保が突っ込んだもの。大久保自身もゴールマウスに吸い込まれてしまったが、素晴らしい得点だった。3点目はCKから小林が頭で叩き付けたもの。パス回しを基本としながらも要所では大技が必要だ、と痛感した。
気になったのはエウシーニョが万全でなかった事。早々に交代させるべきではなかったか。追撃を許した最初の得点もエウシーニョが追走できなかった事が遠因と思われる。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年10月 »