« 川崎:FC東京戦観戦記 2016.07.23 | トップページ | 川崎:柏戦観戦記 2016.08.27 »

2016年8月 4日 (木)

川崎:湘南戦観戦記 2016.07.30

ハードワークのチームを相手にアウェイ戦を如何に戦うか、今後を占う一戦だ。相変わらずプレッシャーがきついが、後半15分までに3点をもぎ取り楽勝ムードが漂う。ところが、3点目の直後に湘南の速攻について行けず、1点を失うと、試合は俄然白熱化してしまった。特に残り15分はアップアップの状態で45分にはFKからアンドレ・バイアに一発をくらい、1点差に迫られると云うドタバタ劇だ。
蹴り返したボールがことごとく相手方に収まってしまうのだから、始末が悪い。ロスタイム6分の表示にどよめきが起こるも、何とか逃げ切って勝ち点3は確保したが・・・

川崎の3点は「大技」によるものばかり。先ずは車屋の先制点はペナルティエリア奥深くに切れ込み自ら決めたもの。2点目は憲剛のロング・スルーパスが通り車屋の絶妙のクロスに大久保が突っ込んだもの。大久保自身もゴールマウスに吸い込まれてしまったが、素晴らしい得点だった。3点目はCKから小林が頭で叩き付けたもの。パス回しを基本としながらも要所では大技が必要だ、と痛感した。
気になったのはエウシーニョが万全でなかった事。早々に交代させるべきではなかったか。追撃を許した最初の得点もエウシーニョが追走できなかった事が遠因と思われる。

« 川崎:FC東京戦観戦記 2016.07.23 | トップページ | 川崎:柏戦観戦記 2016.08.27 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/64010650

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎:湘南戦観戦記 2016.07.30:

« 川崎:FC東京戦観戦記 2016.07.23 | トップページ | 川崎:柏戦観戦記 2016.08.27 »