« 天皇杯準々決勝川崎:FC東京戦観戦記 2016.12.24 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2017.03.05 »

2016年12月31日 (土)

天皇杯準決勝川崎:大宮戦観戦記 2016.12.29

リーグ戦では1勝1敗の相手。戦況としては押され気味で、再三にわたり左右からの侵入を許す。前半13分、右サイドを突破され、泉澤のマイナスのクロスが入り、危ない場面であったが、マチウスのループシュートが外れ助かる。まともに狙われていたらどうだったか。後半早々には泉澤のシュートがポストに当たり助かるも、跳ね返ったボールがフリーのムルジャの前へ出て危機の連続。ムルジャがミスキック(だったと思う)し、ゴールの上へ抜け難を逃れる。

CK(大宮側8本)に逃れる場面も多かったが、いずれも守備陣が凌いだのが良かった。これに対し川崎は残り5分で得た4本目のCKから混戦に持ち込み、谷口が足を伸ばして押し込み決勝点となった。谷口の敏捷性、身体能力が発揮された場面であった。

全般的には両サイドの守備の出来が今一であったと思う。決勝戦の相手は更に強力ではあるが、粘り強く守り、サポーターにお年玉を配って貰いたいもので。

« 天皇杯準々決勝川崎:FC東京戦観戦記 2016.12.24 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2017.03.05 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/64699889

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯準決勝川崎:大宮戦観戦記 2016.12.29:

« 天皇杯準々決勝川崎:FC東京戦観戦記 2016.12.24 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2017.03.05 »