« 川崎:大宮戦観戦記 2017.12.02 祝:優勝! | トップページ | 川崎:広島戦観戦記 2018.03.31 »

2018年3月21日 (水)

川崎:名古屋戦TV観戦記 2018.03.18

すっかりご無沙汰してしまった。体調は悪くないのだが、健康診断の数値の悪戯で検査入院を余儀なくされ、空白期間が出来てしまった。お陰様で検査結果は良好で、これもフロンターレの応援で大きな声を出し、免疫力が向上したため、とサッカーの神様に感謝を込めつつ勝手に診断している。再び観戦、応援に熱を入れたいと思う。

J1復帰組の名古屋が出だし好調だ。風間監督が早くも成果を出した感じだ。一方、フロンターレはスーパーカップでC大阪に敗退した上にACLでも苦戦が続いているが、リーグ戦は無難な出足でほっとしている。名古屋はトップに長身のジョーが入り手強そうだ。風間サッカーとの相性はどうか、興味が湧く。また風間監督の教え子達が、恩返し出来るかどうかも見どころの一つだ。

試合前半は名古屋がやや押し気味で、決定機も2回ほど作られた。ところがこの試合、サッカーの神様はフロンターレに味方した。漫画のようなシーンだったが、後半途中から入った大久保が憲剛のFKに鋭く反応し、ファースト・タッチ(頭)でゴールを決めた。名古屋
の選手達はオフサイドをアッピールしたが認められず。大久保の抜け出しはともかく他の選手の動きと関わり合いは微妙だった。
一方終了間際の川崎側ゴールライン上の攻防。相手CKを起点とした混戦の中から放たれたシュートをGKチョン・ソンリョンが指先で触れ、更にゴールライン上に流れたボールをCB谷口がクリアした場面では、名古屋の選手達は同点ゴールをアッピールするもノーゴールの判定。

サッカーの神様を味方につけたとは云え、好調名古屋を敵地で破り勝ち点3をものにしたのは大きい。リーグ戦を制覇し戦い方に余裕が出来、最後のピンチの場面でも瞬発力が衰えていなかった事が結果に結びついたのかも知れない。

風間監督は後半途中にジョーを引っ込めたが、終盤のリードされている場面では、川崎のやや弱点とも云えるパワープレーを仕掛けてくると思われただけに意外な感じがした。(終了間際にGKまで上がって攻撃するのを見て尚更そのように感じた)風間サッカーの拘りだろうか。

« 川崎:大宮戦観戦記 2017.12.02 祝:優勝! | トップページ | 川崎:広島戦観戦記 2018.03.31 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/66523276

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎:名古屋戦TV観戦記 2018.03.18:

« 川崎:大宮戦観戦記 2017.12.02 祝:優勝! | トップページ | 川崎:広島戦観戦記 2018.03.31 »