« 川崎:横浜戦観戦記 2018.04.08 | トップページ

2018年5月 9日 (水)

川崎:FC東京戦観戦記 2018.05.05

結果は2戦続けてホームで完敗。ゴール前を固められると打つ手なしの感じで、ワンパターンの攻撃が研究され尽くされた
ように思われた。今回の本稿は手抜きで、サポーター仲間からの檄文を紹介する事にしたい。

サポーター1
まさにFC東京の術中にはまったようです。
FC東京の3~4人にDFラインの裏に抜けられている始末でした。
でもそれ以前に、GK新井が前に出れないのを見越してのプレーで
GKとDFの間に落とした2点とも全く同じパターンでした。
そのあと新井が悔しがってゴールポストを蹴っ飛ばしてましたが・・・

サポーター2
それにしても、広島といいFC東京といい、
結構後ろからガツガツ来ますよね。反則まがいの。
これもハリルの名残ですかね。
ところで、FC東京のセットプレー。
2点とも高萩がオフサイドポジションでおとりになって、
後ろから3・4名が飛び出して、川崎の選手が前に出ようとする
と高萩が私はプレーに参加してませんというようなパフォーマンス
を見せながらガッツリブロックしているのは反則(オフサイド)に
なりますよね。
何か納得が行きませんでした。

« 川崎:横浜戦観戦記 2018.04.08 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/66701765

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎:FC東京戦観戦記 2018.05.05:

« 川崎:横浜戦観戦記 2018.04.08 | トップページ