« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

W杯日本:ポーランド戦TV観戦記 2018.06.28

引分け以上で予選突破、敗戦でも条件次第で突破、と賑やかだ。何とフィールドプレイヤー6人が入れ替わった。疲労、イエロー、スカウティングに基づく作戦等色々あると思うが、とにかく驚いた。しかも事前に漏れたとかで試合後も大騒ぎだ。渦中の川島はそのまま先発。これは筆者も賛成だ。フロンターレの大島の名前がみられないのはいささか残念だった。さて試合は・・・
これがポーランドかと思うような相手の不出来で前半は日本が攻勢に出たが、決め切れない。後半、ポーランドが息を吹き返した。不得意のセットプレーで失点し、ピンチに。ところが、、同時キックオフのコロンビア:セネガル戦でコロンビアが先制したとの報に伴い、試合内容より予選突破条件の方に話が流れて行った。2試合ともにこのまま終われば、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果は両チームとも全く同じ。筆者は知らなかったが、新ルールに反則ポイントの差があり、日本が僅差で勝ち上がるとのこと。ベンチにも当然伝わり、伝令役を兼ねて長谷部が武藤と交代してピッチに立ち、以降は徹底したボール回しに終始した。幸運な事に予選突破が前の試合で消えたポーランドの「せめて一勝だけでも」との願望と利害が一致し共同謀議が成立したので楽々試合を締める事が出来た。当然、スタンドはブーイングの嵐。試合後も海外メディアからは大ブーイングだが、当事者のセネガルのシセ監督は「これがルール」と潔かった。この人が選手としてピッチに立って
いたら、日本はセネガル戦に敗戦していただろう、何て空想もしてしまった。
何はともあれ、予選突破おめでとう!
大陸別(地域別)の突破チーム数をみると、(突破数/出場チム数)
ヨーロッパ:10/14、南米:4/5、北中米カリブ1/3、アジア:1/5、アフリカ:0/5
ドイツの敗退には驚いた。韓国の「せめて一勝」の執念に負けたのかも知れない。アジアのチームはイラン、サウジアラビアも各1勝し、日本も加え4勝と健闘した。日本の予選突破も貢献し、アジア枠を減らそうとの議論もなくなるだろう。めでたし。

2018年6月27日 (水)

W杯日本:セネガル戦TV観戦記 2018.06.25

コロンビア戦に勝利し、例によってマスコミは大変なフィーバー振りだが、身体能力の優れた野性的なセネガルは強敵だ。先発メンバーは初戦と変わらず。
開始早々に長友が振り切られる場面があり、苦戦を強いられるものと思われた。ところが、
徐々に長友、乾の左サイド(日本側からみて)が攻勢に出ると立場が逆転した。結局、本田の同点ゴールも含め、左サイドの仕掛けで2点をもぎ取った。
1点目は乾のシュートがクローズアップされているが、長友がロングパスをコントロールして
乾につないだところが大きかった。最初のトラップで体勢が崩れ、相手ボールになるかと、思われたが、踏みとどまって自分のボ-ルにしたところは、長友の体幹の強さによるものだろう。ここへきて体調も良いようだ。
2点目は「本田フィーバー」となったが、乾の冷静なマイナスクロスと岡崎のスルー(結果論かもしれないが)が利いた。勿論、決めるべきところで決めた本田のシュートも賞賛されるべきであろう。
失点の場面はGK川島とMF乾がそれぞれミスを認める発言をしているので、ここでは言及を控えたい。
2戦戦って勝ち点4を獲得したとは云え油断はできない。3戦目は予選敗退が決まったポーランドが相手で有利との声もあるが、手負いのチームだけに何をしてくるか分からないところが怖い。

2018年6月24日 (日)

W杯日本:コロンビア戦TV観戦記 2018.06.19

結果は2:1で、W杯史上アジアのチームが南米チームに初めて勝ったと云うおまけ付きであった。とにかく良かった。筆者の予想は3戦全敗だっただけに、嬉しい「外れ」だ。マイアミの奇跡の時は強豪ブラジルに勝っても予選突破できなかったが、今回は是非突破して貰いたいものだ。
世界ランク最下位のロシアが大勝したり、ドイツが初戦で負けたり、アルゼンチンがクロアチアに大敗したり、メッシがPKを失敗したりと波瀾続きの大会だ。
この試合でも、開始早々にCサンチェスが香川のシュートをハンドで防いだファールで一発退場、と云う超ハプニングが起きた。ハンドのファールがなかったら香川のシュートは枠内だったかどうか?検証してみたら面白いだろう。
そもそも相手エースのロドリゲスが先発から外れたこともラッキーであった。動きの悪いロドリゲスが後半途中から投入された事も、試合展開を楽にさせた。相手監督の采配ミスであろう。
一方、前半終了間際に押され気味だった日本は、後半開始から縦パスを多用し、コロンビアの攻撃を封じた。西野監督の作戦が的中したと云える。あっぱれ!

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »