« W杯日本:セネガル戦TV観戦記 2018.06.25 | トップページ | W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 »

2018年6月30日 (土)

W杯日本:ポーランド戦TV観戦記 2018.06.28

引分け以上で予選突破、敗戦でも条件次第で突破、と賑やかだ。何とフィールドプレイヤー6人が入れ替わった。疲労、イエロー、スカウティングに基づく作戦等色々あると思うが、とにかく驚いた。しかも事前に漏れたとかで試合後も大騒ぎだ。渦中の川島はそのまま先発。これは筆者も賛成だ。フロンターレの大島の名前がみられないのはいささか残念だった。さて試合は・・・
これがポーランドかと思うような相手の不出来で前半は日本が攻勢に出たが、決め切れない。後半、ポーランドが息を吹き返した。不得意のセットプレーで失点し、ピンチに。ところが、、同時キックオフのコロンビア:セネガル戦でコロンビアが先制したとの報に伴い、試合内容より予選突破条件の方に話が流れて行った。2試合ともにこのまま終われば、勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果は両チームとも全く同じ。筆者は知らなかったが、新ルールに反則ポイントの差があり、日本が僅差で勝ち上がるとのこと。ベンチにも当然伝わり、伝令役を兼ねて長谷部が武藤と交代してピッチに立ち、以降は徹底したボール回しに終始した。幸運な事に予選突破が前の試合で消えたポーランドの「せめて一勝だけでも」との願望と利害が一致し共同謀議が成立したので楽々試合を締める事が出来た。当然、スタンドはブーイングの嵐。試合後も海外メディアからは大ブーイングだが、当事者のセネガルのシセ監督は「これがルール」と潔かった。この人が選手としてピッチに立って
いたら、日本はセネガル戦に敗戦していただろう、何て空想もしてしまった。
何はともあれ、予選突破おめでとう!
大陸別(地域別)の突破チーム数をみると、(突破数/出場チム数)
ヨーロッパ:10/14、南米:4/5、北中米カリブ1/3、アジア:1/5、アフリカ:0/5
ドイツの敗退には驚いた。韓国の「せめて一勝」の執念に負けたのかも知れない。アジアのチームはイラン、サウジアラビアも各1勝し、日本も加え4勝と健闘した。日本の予選突破も貢献し、アジア枠を減らそうとの議論もなくなるだろう。めでたし。

« W杯日本:セネガル戦TV観戦記 2018.06.25 | トップページ | W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/66886011

この記事へのトラックバック一覧です: W杯日本:ポーランド戦TV観戦記 2018.06.28:

« W杯日本:セネガル戦TV観戦記 2018.06.25 | トップページ | W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 »