« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月24日 (火)

川崎:長崎戦観戦記 2018.07.22

W杯の熱戦を観た後だけに迫力不足は否めないだろうが、Jリーグにはまた別の思い入れがある。再開後のホーム初戦は昇格組の長崎が相手で、確実に勝ち点3を取りたい試合だ。酷暑が最大の敵と云ったら云い過ぎか。

前半はスコアレスで、試合進行は長崎のゲームプラン通りだったのではないか。がっちり守って前線のファンマや鈴木にロングボールを送る戦法はW杯でも多くみられた光景と云いたいところだが、役者が違い過ぎる。

川崎も中々得点できず、暑さでスタミナ切れを起こし、下位チームに取り零す心配も出てきた。この試合は川崎市制記念試合で、ハーフタイムには4月に亡くなった西城秀樹のヤングマンが流れた。秀樹が後押ししてくれたのか、最後は地力と決め手の差が出て、小林悠の決勝弾で勝ち点3をものにした。下位チーム相手だろうが、、1:0だろうが勝ち点3は貴重だ。

2018年7月 6日 (金)

W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03

日本時間3:00キックオフ。毎度のことながら、この時間帯の試合は寝てから観るか、観てから寝るか迷うところだが、今回は2時間ほど仮眠して目覚時計のお世話になって起きた。前半はもうろうとしていた。
後半早々に原口の鮮やかなシュートが決まり、ばっちり目覚めた。柴崎のスルーパスが相手BKのつま先に触れるも、ぎりぎりのところで通った。原口がトラップしたので一瞬遅れたかと思ったが、逆にフェイント気味に作用したようだ。数分後に乾のミドルが決まった時は頬をつねった。
ベルギーの1点目は不運な失点だ。シュートではなかったのではないか。2点目は高さにやられた。ロスタイムの終了間際に日本も攻勢に出てFKを貰う。本田のキックは惜しかった。もう少しレベルの低いGKだったら決まっていたかも知れない。それでもCKを得た。自分も含めサポーターの誰しもがコロンビア戦での大迫の決勝弾を思い出し期待したと思う。ピッチの選手も同じ思いだったのではないか。まさか反撃を受けるとは夢にも思わなかった。
辛い結末が待っていたが、実力差が出てしまった、と云うしかない。相手の得点をほめるのも何だが、それにしてもGKのスローからドリブル、パスゴールへの一連の流れの速いこと。ルカクがスルーしたのにも驚かされた。彼が自分で決めてやろうと思ってパスをキープしたら止める事が出来たかも知れない。
悔やまれる敗戦だが、大いに楽しませて貰った。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »