« W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2018.08.15 »

2018年7月24日 (火)

川崎:長崎戦観戦記 2018.07.22

W杯の熱戦を観た後だけに迫力不足は否めないだろうが、Jリーグにはまた別の思い入れがある。再開後のホーム初戦は昇格組の長崎が相手で、確実に勝ち点3を取りたい試合だ。酷暑が最大の敵と云ったら云い過ぎか。

前半はスコアレスで、試合進行は長崎のゲームプラン通りだったのではないか。がっちり守って前線のファンマや鈴木にロングボールを送る戦法はW杯でも多くみられた光景と云いたいところだが、役者が違い過ぎる。

川崎も中々得点できず、暑さでスタミナ切れを起こし、下位チームに取り零す心配も出てきた。この試合は川崎市制記念試合で、ハーフタイムには4月に亡くなった西城秀樹のヤングマンが流れた。秀樹が後押ししてくれたのか、最後は地力と決め手の差が出て、小林悠の決勝弾で勝ち点3をものにした。下位チーム相手だろうが、、1:0だろうが勝ち点3は貴重だ。

« W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2018.08.15 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/66982238

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎:長崎戦観戦記 2018.07.22:

« W杯決勝T、日本:ベルギー戦TV観戦記 2018.07.03 | トップページ | 川崎:鳥栖戦観戦記 2018.08.15 »