« 川崎:柏戦観戦記 2018.11.03 | トップページ

2018年12月 6日 (木)

川崎:磐田戦観戦記 2018.12.01

優勝がかかったアウェイのC大阪戦は他の予定と重なり遠征出来ず。結果を遠征したサポーター仲間に確認した直後、会合のため武蔵小杉駅に下り立ったが、街全体が静かな雰囲気に包まれており、いささか拍子抜けであった。そうか、騒がしい連中は大阪に出掛けているのか、と納得した。
最大勝ち点差13から2試合を残しての優勝。首位に立ってから決定まではあっけなかったが、信じられないような広島の失速に助けられたとも云える。23節の直接対決のアウェイ戦の勝利も大きかったが、広島よりも怖いと思われた29節アウェイの鹿島戦の引分けも大きかった。小林悠が2試合連続でPKを外したにもかかわらず、「負けなかった」ことが称賛される。この試合の前まで勝ち点差11であたが、負けていたら5試合残して勝ち点差8に詰め寄られ、以後の試合はプレッャーを受けていたであろう。しかも最終戦は昨年お世話になった磐田戦で、因縁めいたものが感じられた。ひょっとしたら昨年と逆の立場で最終戦を迎えていたかも知れない。
優勝決定後の2試合は川崎にとってはモチベーションが重要だが、幸い前節のFC東京戦は多摩川クラシコの雪辱戦で、この試合は優勝と最多得点、最小失点の「完全優勝」が目標となった。
一方磐田はプレーオフに回る16位に墜ちる可能性があるので必死になるであろう。引き分け以上で自力で残留が確定だが、他会場の戦況をにらみながらの戦い方は難しいだろう。
多少の出入りはあったが、川崎が押し気味の前半もスコアレスで終わる。後半の出だしは互いにパスミスが多く、見た目には蹴り合うだけの下手なサッカーの見本のような出来であった。しばらくして落ち着き川崎優位の展開が続いたが、落し穴が待っていた。磐田の右からのドリブル攻撃に川崎の選手(誰か確認できず)が一発で飛び込んだ結果かわされ、フリーの形でゴールライン近くまで持ち込まれ、そこからのクロスを大久保に決められた。大久保をはじめ磐田イレブンの喜び様は半端ではなかった。残り10数分でのリードは悪くても引き分けに持ち込める可能性大で、その時点では地力での残留に大きく近づいた。ところが勝負の世界は残酷だ。終盤に奈良のヘディングで追いつくと、ロスタイムの終了間際に家長が左サイドを抜け出し、ゴールライン付近からのクロスがオウンゴールを誘ったところでタイムアップの笛だ。磐田にとっては悪夢で、川崎にとっては最多得点の完成であった。湘南対名古屋戦は前半2:0で湘南がリードしていたが、後半名古屋が追いつき引分けとなり、互いに勝ち点41となり、磐田にとっては最悪のケースとなった。                           シーズン途中に磐田に移籍した大久保は試合前の選手紹介で川崎サポーターから拍手で歓迎され、彼らしい嗅覚で一発決めた。ところが絶好球を受けてフリーで抜け出そうとしたところを谷口に体を入れられ止められたシーンがあった。大久保は衰えたな、と感じざるをえない。中村俊輔も同様だ。一方、川崎の憲剛はまだまだ元気だ。

« 川崎:柏戦観戦記 2018.11.03 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594979/67456302

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎:磐田戦観戦記 2018.12.01:

« 川崎:柏戦観戦記 2018.11.03 | トップページ