« 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 | トップページ | U-24 日本:アルゼンチン戦TV観戦記 2021.03.26 »

2021年3月26日 (金)

日本:韓国代表戦TV観戦記 2021.03.25

コロナ禍の下、宿敵韓国相手に急遽組まれた国際親善試合は日本が攻守に圧倒

し、3:0で快勝した。川崎のサポーターとしては、日本代表に初選出された

山根の活躍が何よりも嬉しい。先制点を奪った場面、一瞬誰だか分からなかっ

た。初代表、初先発の選手がよく上がったものだ、と感心した。フロンターレ

でのプレースタイルが生きたのだろう。大迫のヒール・パスを受けての一発だ

が、Jリーグ開幕戦・横浜戦での山根のヒール・パスを決めた家長のボレーシ

ュートを思い出した。今回代表への招集はフロンターレからは山根だけで意外

だったが、碧、三苫、旗手がU-24の方に呼ばれているので納得だ。(その後

脇坂がC大阪坂元負傷欠場により追加招集された)山根が呼ばれるのは、海外

組を除けば昨季のJリーグのベストイレブンなので当然であろう。潜在能力、

本人の努力もあると思うが、川崎での活躍がなければ眼に留まらなかったもの

と思われる。フロンターレ内の競争の厳しさと家長の存在が彼の成長に貢献し

たようだ。同じく初代表の脇坂も10分程度だがピッチに立てて良かった。

日本代表の圧勝に終わった試合だが、韓国代表のコンディションは今一だった

ように思われる。公式試合で圧倒する場面を観たいものだ。

« 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 | トップページ | U-24 日本:アルゼンチン戦TV観戦記 2021.03.26 »

コメント

日韓戦と思えない内容でした。後半韓国の11番がボールの無いとこで富安へ肘打ちした箇所だけが韓国らしい? といえる内容でした。日本がこの内容なら監督更迭必至ですね。

この試合の肝は、ボランチの二人(守田、遠藤)でしょう。
この二人のフィルターによって韓国は為す術が無く、一方的な試合展開となりました。
この二人の功績によって、前戦の選手は守備に戻る機会も負担も減って攻撃に専念出来ました。南野が普通の働きをすれば後3点は取れてました。

山根の先制点も良かったです。川崎と同じくSBの選手がFWを追い越すのはアリだと思います。これもボランチのフィルターが効いた成果ですが。

柴崎が戻ってもこの二人のボランチを試して欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 | トップページ | U-24 日本:アルゼンチン戦TV観戦記 2021.03.26 »