« 川崎:仙台戦TV観戦記 2021.03.06 | トップページ | 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 »

2021年3月11日 (木)

川崎:徳島戦(DAZN)観戦記 2021.03.10

第3節の相手は昇格チームの徳島。どんな戦法でくるのか?想像してみるのも

楽しいものだ。下位チームがアウェイ戦で良くとる戦法「引いて守ってカウン

ター狙いで勝ち点1を持って帰る」でくるのか、或いはあくまでもJ2時代と

同じポゼッション・サッカーを試してくるのか?

試合前半は川崎の前線からの厳しいプレスの洗礼を受け、ほとんど仕事ができ

ない状態だ。それでも簡単には逃げない姿勢をみせたが、裏目に出てビルド・

アップのミスを川崎に突かれ、ダミアンの2発を許す。但し、崩しからの失点

は許さず。徐々にJ1のスピードにも慣れてきた様子で、35分を過ぎた頃、

吹ケ(フケ:珍しい姓だ)にPエリア内に抜け出され、絶妙のクロスをゴール

前に供給された。垣田が僅かに届かなかったが、失点も覚悟の場面であった。

後半は川崎陣内でパス回しも出来るようになり、追加点も許さず。ミスを突く

のも実力のうち、と言ってしまえばそれまでだが、徳島BK陣のミスからの2

得点がなかったら、試合はどうなったか?終盤がむしゃらになって1点をもぎ

獲りに行ったのだろうか?

記述の順序が逆になったが、川崎の先発メンバーは第1戦、2戦(11節の前

倒し)と同じ顔触れに戻った。後半途中からダミアン、脇坂、シミッチ、家長

、三苫に替りコバ悠、橘田、塚川、遠野、長谷川が投入された。

徳島は昨季指揮を執ったロドリゲス監督が浦和に引き抜かれ、ポヤトス監督が

就任したが、コロナ禍の影響で来日が足止めされ、甲本ヘッドコーチが代行し

た。敗戦とは云え王者川崎相手によく戦ったと思う。J1で結構やれるのでは

ないかと思わせた戦であった。

« 川崎:仙台戦TV観戦記 2021.03.06 | トップページ | 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 »

コメント

川崎は、前半ハイプレスで2得点、後半は安全運転で徳島を完封でした。
前半のハイプレスに徳島は面食らってミスから失点しましたが、他のJ1チームも同様に餌食になってる事から仕方ないのかも。
試合後、徳島の藤田選手(ボランチ)が次の様にコメントしてます。

「自分たちもボールを持ちたいチームではあるんですが、その点で見たら川崎の方が距離感がよく、パススピードもテンポも早かった。守備をしているときの感覚は、自分が寄せる前に違う所にボールがある感じで、すごい気持ちが悪かったし、やりにくかった。自分たちもそういったところを真似ることができれば、今後は効率のいい攻撃ができて、点も取れるようになると思います」

後半の戦い方は前戦の仙台から向上したと思います。
自陣にジックリ構えてカウンター狙い、相手のシュートは2本(枠内0本)に抑えて攻撃も控えめでした。エンターテイメント性に欠けますが連戦では有りだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:仙台戦TV観戦記 2021.03.06 | トップページ | 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 »