« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 | トップページ | 日本:韓国代表戦TV観戦記 2021.03.25 »

2021年3月21日 (日)

川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21

余計なお世話かも知れないが、前節川崎と激戦の神戸は今節アウェイの札幌戦

に惨敗するのではないか、と予想した。実際途中までは0:3で予想が的中し

たかに見えた。ところが何と試合を引っくり返し4:3で勝利した。勢いとは

恐ろしいものだ。

浦和戦は前節のノエビアスタジアム神戸の滑るピッチに続いて、不測の事態も

起こりうる雨中戦となった。川崎は家長、三苫に代わってコバ悠と長谷川が先

発し、他はいつもと同じメンバーだ。注目は初めて代表に選ばれた山根のプレ

ーと「ダミアンとコバ悠の共存」あたりか。前半は浦和に押され気味であった

が決定力を欠く分得点を許さず。すると前半の終わり頃、山根がちょっとした

隙を突いて上り、相手DFを前に置きながら技ありのアーリークロスを入れ、

これをコバ悠が頭で合わせ先制した。ダミアンが中盤で起点になった流れの中

での得点であり、「ストライカー2人の共存」は成功したと云える。押され気

味の展開の中での、又いい時間帯での先制点は大きかった。

後半開始早々にジェジエウの信じられないようなミスパスが出てひやりとさせ

られたが、このピンチの直後にコバ悠からのアーリークロスを、DFを背にし

た後ろ向きのダミアンが、胸トラップしたボールを反転しながらボレーで叩き

込んだ。ここでもコバ悠とダミアンの「共存」が成功した。今季乗っているダ

ミアンの華麗で豪快な一発は浦和にダメージを与えたようだ。ここから僅か4

分間で3点をもぎとった。以後終始川崎のペースで進み、脇坂の今季初ゴール

も飛び出し、完封で試合を締めくくった。

« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 | トップページ | 日本:韓国代表戦TV観戦記 2021.03.25 »

コメント

この試合のキーパーソンは、浦和の小泉ではないでしょうか。
前半、後ろに落ちたり、前に上がったり彼の動きに翻弄されて浦和の攻撃が上手く回ってました。
後半、川崎は脇坂を小泉マークに付けて彼の動きを封じた事で川崎の攻撃が活性化しました。逆に浦和にすれば、小泉を囮にして関根や宇賀神が動けば更なる攻撃力アップが望めるのではと思います。現状ここまでしか戦術化されてないとみます。

浦和は、代表ウィーク明け鹿島戦、面白い試合になるとみます。
totoなら浦和の勝ち又は引き分けを掛けます。そのくらい今の鹿島のCBは酷い状態です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 | トップページ | 日本:韓国代表戦TV観戦記 2021.03.25 »