« 川崎:柏戦(DAZN)観戦記 2021.03.13 | トップページ | 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 »

2021年3月18日 (木)

川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17

前節の試合同様、「こう云う試合を勝てたのは大きい」との台詞が頭を過った

ところでアクシデントが起きた。神戸のCKに飛び出したソンリョンと交錯し

たジェジエウが負傷し、暫し起き上がれず時計は止まる。ジェジエウがピッチ

外に出たところで最後の1プレーとも云うべき時間帯に神戸のDF菊地のヘッ

ド弾が飛び出し、惜しくもと云うより悔しいドローで終わった。

試合全般は神戸が仕掛けた前線からの厳しいプレスと組織的な守備で川崎の良

さが出せず。パスの受け手と意思疎通出来なかったり、コースを読まれてカッ

トされたり或いはミスパスになったりしてボールを奪われ、高い位置からの反

撃を受けることも多く、神戸の狙い通りの展開になってしまった。

そのような内容でも失点を覚悟したカウンター攻撃を2度も阻止し、ダミアン

の超ロングシュートでリードしていただけに誠に残念な結果であった。前節の

柏戦に続き、「フロンターレ包囲網」が築かれているかのような印象である。

次節に向けて頭のリフレッシュが出来るかどうか心配だが、「負け試合を引き

分けた」とか「最後のところはジェジエウが出合い頭の交通事故に合った」程

度に考え、気持を切り替えて次に向って欲しい。

ところで今季VARの導入に伴い、オフサイド・ディレイ(Delaying the flag

 for offside:オフサイドでなかった時のリスクを回避して、攻撃が終わるまで

旗を上げるのを遅らせる)が採用されたが、歓喜のゴールの後に取り消される

と白けてしまう。この試合でもダミアンのゴールが2回対象となったが、最初

のヘッドでの得点が取り消された時は白けた。後の方の得点は認められ、上記

カッコ内の趣旨が生かされたので文句を言う筋合いではないが、もう少し何と

かならないか、と思う。

もう一点はノエビアスタジアム神戸のピッチの状態に対する苦情だ。本件、川

崎側に不利に働いた訳ではない。両チームの選手が度々滑っていたが、負傷事

故につながりかねない。昨年の同一カードでも同様の現象が見られた。実況の

アナウンサー、解説者ともに指摘しなかったが、この場を借りて強く改善を求

めたい。

5節が終了した時点で、川崎の11節前倒しの試合を別にすれば、名古屋が快

調に飛ばし首位に立った。鳥栖も調子がいい。昨季、名古屋とは1勝1敗、鳥

栖とは2引分で今季も接戦の予感がする。

他のチームの試合はゴールシーンしか観てないので、言い過ぎかも知れないが

、どのチームもフロンターレを模範にしてハイプレスと攻守の切替の早さを試

行しているように見受けられる。Jリーグのレベルアップのためには歓迎すべ

きことと思う。その分勝ち抜くのは大変と云うことだ。

« 川崎:柏戦(DAZN)観戦記 2021.03.13 | トップページ | 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 »

コメント

試合後は勿体ない、試合中は負けるかもと思いました。
ハイプレスとハイブリッド芝でパスミスのオンパレード、特にCB二人のミスは良く失点しなかったと言えるものでした。ハイプレスへの対策は昨年から考えられてる筈が、長距離パスが悉く相手へのプレゼントパスでした。後はシミッチが1m横へ動けばパスコースは有るはずですが。結局、碧が降りて打開してました。

ノエビアのハイブリッド芝は、一部人工芝が多いのか神戸の選手も転んでました。
三笘は一瞬の抜け出しを得意とするのですが、芝が滑るのか戸惑い気味なのが残念。

VARの運用は考え物です。オフサイドの判定に2~3分も掛けるなんて、エンタメ的に有り得ないです。現場で観客が置いてきぼりです。

名古屋は守備は良くても攻撃が疑問です。Jリーグのデータでもここまで19位の攻撃力で来てるので、今後引き分けが多いとみます。
鳥栖は若さが有るので、調子が落ちたときにどの様にリカバリーするかでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:柏戦(DAZN)観戦記 2021.03.13 | トップページ | 川崎:浦和戦(DAZN)観戦記 2021.03.21 »