« 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 »

2021年3月14日 (日)

川崎:柏戦(DAZN)観戦記 2021.03.13

オルンガが抜けた柏戦。川崎の先発陣はCBの二人が仙台戦と同じく車屋と山

村で、前線にコバ悠と長谷川が入り、ダミアンと三苫はベンチスタート。大砲

がいなくなった分、楽になった反面、相手がどう出てくるか予想がつかず試合

に入りにくかったのではなかろうか。飲水タイムあたりまでは柏のペースだっ

た。作戦タイムとも言われる小休止の後、立て直しが計られたが、フロンター

レ本来の出来にはほど遠かった。ハーフタイムに長谷川、脇坂、シミッチに替

えて三苫、橘田、塚川が投入されたが、三苫の突破も実らず得点には至らず。

ようやく、35分過ぎに三苫が鮮やかに柏DFを抜き去り、Pエリア深く侵入

し、アウトサイドで優しいパスを中央に送り、家長が落ち着いて決め、これが

決勝点になった。柏の作戦は川崎の両サイドを徹底ケアし、ボールを奪ったら

江坂とクリスティアーノに送る作戦で、それなりに機能したと思う。最後のと

ころで、「分かっちゃいるけど」三苫の個人技にやられた、との思いであった

ろう。家長のインタビューの「川崎らしさを見せられなかったが、こう言う試

合を勝てたのは大きい」がこの試合の結論。

« 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大震災後の伝説の試合川崎:仙台(再放送)観戦記 2021.03.11 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.03.17 »