« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月30日 (金)

川崎:名古屋戦(DAZN)観戦記 2021.04.29

2位名古屋との連戦の初戦。この時点での連戦は勿体ない、との声もある中、巷には「最強の矛

と盾の戦い」のキャッチフレーズが流れ接戦を予感させる。堅守の名古屋はここまで12戦で僅

か3失点。10戦が無失点だ。対する川崎は30得点で無得点の試合はなし。

試合前に異変が起きた。名古屋を指揮するイタリア人監督フィッカデンティが喉の痛みの検査結

果が保留となったためベンチに入れず、ブル-ノ・コンカコーチが代行することになった。

川崎は3試合振りのシミッチと5試合振りの旗手が先発。旗手は脇坂に代わり碧と組んでMFに

入った。その他は目下のレギュラー陣で固めた布陣だ。川崎はキックオフから試合を支配し、何

と3分に先制点を奪った。この場面、三苫からの高速のパスがゴール前のダミアンに通り、相手

DFを背にしたダミアンが中央に返したパスを走り込んだ旗手が確実に決めた。ハーフボレーの

抑えの利いたシュートは見事であった。余韻が残る中、10分にはポジション・チェンジで左サ

イドに回った家長が、GKの飛び出せない位置に絶妙のクロスを入れ、ダミアンが教科書通りの

叩きつけるようなヘディングで追加点を奪った。畳みかけるように飲水タイム前に、碧のCKを

ニアのシミッチが競り勝って奥に流しダミアンがヘッドで3点目を決めた。決定力を欠いた前節

の試合が嘘のような「電光石火の3得点」であるが、堅守の名古屋が相手だけにいささか拍子抜

けであった、と云うのは不謹慎であろうか。先制点につながった三苫からダミアンへの高速パス

とダミアンの体を張ったプレー、旗手のハーフボレーのシュートはいずれも素晴らしかったが、

旗手があの位置でフリーになれるとは意外であった。2点目につながった家長のクロスも難易度

の高いプレーであったが、あの場面でも圧力はあまり掛かっていなかったように思う。結果論で

はあるが、名古屋は監督欠場の影響により、飲水タイムまでは試合に入り込めてなかったように

感じられた。

後半は川崎が無理に攻めなかったこともあり、名古屋がボールを支配する時間も増えたが、相馬

とマテウスのスピードに乗った攻撃もブロックし、無失点で試合を締めた。そう云えば山根はほ

とんど前線に顔を出さなかったが、相馬対策で控えていたものと思われる。終盤に出場した遠野

が4点目を叩き込んだのは収穫であった。JFL出身の経歴の話題も含め今季のラッキーボーイ

的存在だ。3点目のセットプレーからの得点シーン、ニアのシミッチがファーに流しダミアンが

決めたパターンは武器になりそうだ。

初戦に快勝したからと云って、次戦の勝利が約束された訳ではない。昨季も初戦で大勝した相手

に次戦では苦戦している例が多々あったので、いい時の名古屋を想定した準備をして次戦に臨ん

で貰いたいものだ。

2021年4月20日 (火)

川崎:広島戦(DAZN)観戦記 2021.04.18

快晴の等々力のピッチにフロンターレ・イレブンによる快調なパス回しが展開される。ところが

最後のシュートが決まらない、決められない。前半残り10分を切ったところで、ようやく完璧

な崩しから家長が先制点をゲット。この場面、山根がPエリア左サイドへ抜け出し三苫からのス

ルーパスを受けシュート。GKが弾いたボールが再び山根の前へ。山根が冷静に中央へ流し、そ

れを受けた脇坂も右サイドに流し、ダミアンがスルーし一番右の家長が決めたもの。決まる時は

こんなものか。山根のスプリントは素晴らしかったし、ダミアンのスルーも良かった。

後半10分頃、登里が左サイドを突破し絶妙なクロスを入れ、右サイドから走り込んだ三苫が追

加点をゲットしたかに見えたが、長い待ち時間のVAR判定の結果、センターのダミアンがプレー

に関与しておりオフサイド判定となった。VTRでみる限りダミアンは明らかなオフサイドであっ

たので、何故判定に長時間を要したか疑問が残る。この待ち時間が影響したとは思えないが、広

島も徐々に調子を取り戻し、20分頃、前線のジュニオール・サントスがGKからのロングパス

を左サイドで受け、対応したジェジエウに競り勝ってシュート。ポストに当ったが、走り込んだ

森島が角度のないところから決めた。碧が走り込んでシュート・ブロックしたが本人に当ってア

ンラッキにもゴール側に転がり込んでしまった。碧のブロックがなければこの日復帰したソンリ

ョンがキャッチできたのではないかと思われるシーンであったが、結果論であろう。飲水タイム

に遠野、脇坂に代わり小塚、塚川が投入されたが、広島が勢いづいてきた。再度、ロングパスか

からのカウンター攻撃を受け危ない場面もあったが何とか凌ぐ。カウンター攻撃からの失点とジ

ェジエウが1対1で負けたことが微妙に影響したかのように川崎の流れるような攻撃は見られ

なくなり、引き分けに終わった。

相手トップに今回のジュニオール・サントスのような一人で持ち込める外国人選手がいる場合は

、一方的に攻めている場合でも警戒が必要だ。前季最終戦のオルンガの例も同様だと思う。

この日、無失点記録が続く名古屋が2失点で敗戦した。次に控える名古屋との2戦続けての対戦

が前半戦の天王山となる。

2021年4月15日 (木)

川崎:福岡戦(DAZN)観戦記 2021.04.14

FC横浜の下平監督に次いで鹿島のザーゴ監督が解任された。昨季5位で、今季

はこれまで2勝2分け4敗の勝ち点8で15位。まだ立て直しの時間はあると

思われたが、常勝軍団としては待ちきれなかったのだろう。後任は川崎フロン

ターレの監督を務めたことがある相馬直樹コーチ。鹿島でコーチを務めていた

とは知らなかった。誠に厳しい世界である。

FC東京戦から中2日の福岡戦は先発陣を大幅に入れ替えてきた。FWが長谷

川、知念、コバ悠、MFに脇坂と遠野、ボランチに碧、CBが谷口と車屋、両

SBは山根と登里で、今季初めての布陣だ。かなり強い雨で滑るピッチは不測

の事態も十分考えられる。新布陣は長谷川がトリッキーな技で見せ場を作るも

簡単には相手防御を崩せない。福岡は自陣でつながずにトップのフアンマ・デ

ルガトへのロング・フィードを多用。これが結構機能しセカンド・ボールが福

岡側にこぼれる(拾われる)ことも多く、中々川崎のペースに持ち込めない。

川崎のサイドへのパスを読まれてカットされる場面もあり、観戦者としては多

少いらいらもする展開となった。そのような流れの中でも先制点は川崎が奪っ

た。左CKからのこぼれ球に反応した遠野が振りぬくと相手DFに当りながら

ゴールネットを揺らした。ところが前半終了間際にカウンター攻撃を許し、バ

イタル・エリアで阻止した谷口がイエローを貰いFKを献上。このFKをサロ

モンソンにゴール左隅にきっちり決められ、嫌な時間帯で同点とされた。

後半川崎の時間帯になり、10分過ぎに山根のクロスからゴール前がごちゃつ

いたところを遠野がシュートを打つと、知念がコースを変えて勝ち越し点をゲ

ットした。記録は遠野のアシストと知念のゴールとなり、初先発の知念が結果

を残した形となった。その後、一進一退が続き、ゲームはどちらに転ぶか分か

らない展開となったところで、鬼木監督が次々に目下のレギュラー陣を投入。

初めに長谷川、コバ悠に替え三苫と家長、次いで遠野と登里に替え塚川とジェ

ジエウ、最後の1枚は知念に替えダミアンが入った。空中戦での不測の事態に

備えたものと云える。的確なベンチワークでフアンマへのロング・フィードか

らの攻撃の芽を摘むには十分であった。アディショナル・タイムに山根がドリ

ブルで駆け上がりダミアンとの1-2を鮮やかに決めて試合を締めくくった。

山根は連戦の疲れであまり上がらなかったのか、或いはコバ悠との右サイドで

の相性がよくなかったのか、どちらとも言えそうだが、後者のような気がする。

コバ悠の使い方に関して一言。ダミアンがCFの場合はRWでも機能していた

が、この試合をみる限り知念との組み合わせは嚙み合っていないようだった。

むしろコバ悠がCFで知念がRWではなかろうか。

2021年4月13日 (火)

川崎:FC東京戦(DAZN)観戦記 2021.04.11

大分、鳥栖の九州勢とのホームでの対戦は辛勝ながら無得点に抑えた。鳥栖戦

は所用により外出し、最後の10分間だけDAZN観戦できた。何か変な様子だと

思ったら鳥栖に一発レッドカードの退場者が出ていた。今季は得点機会阻止で

の一発退場者が多い。どのチームもDF陣が高い位置を取るので、カウンター攻

撃への対応が遅れる結果かと思われる。

さてアウェイのFC東京戦。昨季2勝しているが、ルヴァン杯準決勝で敗れた

相手だけに侮れない。当然フロンターレ対策を練ってくるだろう。フロンター

レの先発陣は左SBに車屋が入り、脇坂はベンチスタートで代わりに遠野が入

り他はいつものメンバーだ。東京は大分戦、鳥栖戦を参考にしたらしく442

の布陣で臨んできた。がっちり守ってディエゴオリヴェイラと永井の前2人で

速攻を仕掛けてくる狙いのようだ。そんなFC東京の作戦を嘲笑うかのように

川崎はいずれも隙を突いた形で、東京の前線へのパスをカットしダミアンにつ

なぎ、ダミアンが右に流したパスをフリーの家長が丁寧に決めて早々に2点を

奪取した。東京の狙いの巧拙はともかくとして、ピッチ上での適応が定まらな

いうちに、フロンターレのプレスの網に掛かったものと推察する。更にFKの

素早いリスタートから三苫が3点目を決めたが、これはオフサイドで2:0で

前半が終了した。

後半、東京のカウンター攻撃で1点差に迫られたが、直後に山根のクロスを東

京の右SB中村拓海が内側に大き目にトラップしたところを三苫が逃さず奪取

し3点目をゲットし再び突き放した。これは利いたようだ。更にFKから谷口

が流しダミアンが決めて試合を決定づけた。東京もアダイウトンを起用し、左

サイドを活性化させ内田のゴールで反撃したが及ばなかった。アダイウトンを

先発で起用していたら試合展開は変わっていたかも知れない。スコア上はフロ

ンターレの快勝であったが、東京の2得点が鮮やかだっただけに大喜びできな

い一戦であった。

ゴルフのメジャーMastersで松山が優勝した。男子サッカーもW杯優勝を目指し

て貰いたいものだ。日本は個人戦より団体戦が向いていると思う。バルセロナ

がスペインのW杯優勝の原動力となったように、川崎フロンターレも日本チー

ムの軸となるべく更に進化することを期待したい。

2021年4月 4日 (日)

川崎:大分戦TV観戦記 2021.04.03

再開初戦は昨季1敗した相手だが、力関係は圧倒しているだけに勝ち点3は当

然として、毎試合3得点の目標も達成したいところだ。先発メンバーをみると

左SBに登里が復帰し、留守番を務めた旗手が2列目に上り、碧がベンチ・ス

タート。GKは丹野でソンリョンがベンチにも入らないのには驚かされた。他

はいつものメンバーでスタート。

結果は2:0で目標の3得点に至らなかったが、先ずは無難に勝ち点を積み上

げた事を喜ぶべきであろう。内容的にはFKのこぼれ球からの三苫の先制弾と、

相手DFのミスを突いての、これも三苫の追加点であり、流れの中からの得点

はなく、サポーター心理としてはいささか物足りなさが残った。Pエリア付近

の狭いところでパスをつないでも崩しきれない場面が多くみられたが、下位チ

ームであろうが、そう簡単には得点を許してくれないと云うことだろう。大分

は何とか勝ち点1でも持ち帰りたいとの姿勢が随所にみられたが、高さのある

長沢がPエリア付近でボールを受ける場面がほとんどなく攻勢に出られなかっ

た。ミスで追加点を奪われて万事休す、となったが健闘しただけに監督の無念

の表情が印象的であった。

 

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »