« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月

2021年6月17日 (木)

W杯第二次予選のキルギス戦TV観戦記 2021.06.15

5月28日(金)のW杯二次予選ミャンマー戦から始まった過密日程がようや

く終わった。W杯二次予選が3戦、キリンカップが2戦(ジャマイカ戦は相手

の到着遅れによりU-24との兄弟対決に振り替え)、U-24の親善試合が2

戦組まれ、適度にTV観戦したが、正直今時点ではどれがどれだったか混乱し

てしまう。印象に残ったのはU-24のジャマイカ戦における久保の3人(4

人とも云われる)股抜きシュートと三苫のドリブルからのスルーパス(上田の

ループシュートも拍手)、W杯二次予選のキルギス戦におけるオナイウ阿道のハ

ットトリックとPK献上の守田のファールなど。守田はボランチとして顕著な

働きを示したが、一旦ペナルティ・エリア内(或いは付近)に入ればDFとし

ての役割を担うことになる。ここでのファールは致命的となる事を学んだもの

と思われる。

さて代表戦と並行して既報の通りJ1の鹿島戦と横浜FC戦が組まれ連勝で乗

り切った。6月9日の天皇杯2回戦の長野戦は観戦できなかったが、ぎりぎり

で勝ち抜いた。前半が終わった頃に等々力での観戦者にメールを入れたが応答

なし。ただならぬ事態を想像したが、その通りであった。この日、横浜FMと

ホンダFC戦のTV中継を後半終了前10分あたりから観た。先行された横浜

が追い着き、延長で勝ち越し点を奪った時は勝負あったと思った。ところがホ

ンダの時間帯が訪れると、しっかりとものにしPK戦を勝ち抜いたのには驚か

された。もっと驚いたのは1週遅れで開催された広島対おこしやす京都戦の結

果だ。広島が4ランクも格下の京都に1:5で敗戦とは信じられない。その他

Giant Killingに会ったのがFC東京(順大に1:2)、仙台(岩手に0:1)、

横浜FC(八戸に1:2)とJ1クラブ受難の天皇杯2回戦であった。川崎フ

ロンターレは結果を聞いた時、先発メンバーを大分落として臨んだのかと思っ

たが、代表に招集された5人はいないまでもセンターラインのレギュラーのダ

ミアン、シミッチ、ジェジエウ、ソンリョンが勢揃いしているではないか。と

もかく勝ち抜けてよかった。

2021年6月 4日 (金)

A代表:U-24戦TV観戦記 2021.06.03

J1は川崎フロンターレが無敗を続けている間に、20試合消化時点で同じ試合数の2位名古屋

との勝点差が15と開いた。(更に前日の横浜FC戦の勝点3を積み上げると差は18)5試合

少ない3位横浜FMが仮に5試合を全勝しても6の差がある。油断は出来ないが、このアドバン

テージを念頭に置き、ACL等のカップ戦を勝ち抜いて貰いたいものだ。

さて先日のW杯第二次予選のミャンマー戦は途中まで観たが、予選のあり方にあらためて問題を

感じる以外に特に感想はない。次いでキリンカップのジャマイカ戦の予定であったが、ジャマイ

カの到着が遅れ急遽兄弟対決が組まれた。危機管理の一環として考慮されていたようだが、それ

にしてはドタバタ感があった。実は3月に行われたU-24対アルゼンチン戦の後、「兄弟対決

の試合が出来れば面白いな」と仲間うちで話していたが、早々に実現したので驚いた。それだけ

に楽しみにしていたが、期待外れの内容であった。原因はU-24側の先発陣にオーバーエイジ

枠の吉田、酒井、遠藤航や富安が入っておらず、守備が弱体であった事や攻撃の軸が定まってい

なかった事等が上げられる。「チームとしての形を整える途上」では兄貴に歯が立たないのは当

然の成り行きである。五輪代表選手を18人に絞り込む作業にもあまり参考にはならなかったの

ではなかろうか。

2021年6月 3日 (木)

川崎:横浜FC戦(DAZN)観戦記 2021.06.02

谷口、山根(以上A代表)と田中碧、三笘、旗手(以上U-24)が代表に呼ばれ、相手が横浜FC

とは云え、直近の戦いで後半苦戦した相手だけに、主力5選手抜きの一戦は勝敗を含め選手起用

や戦い振りが注目される(少々他人事か)。横浜FCもPCR検査で陽性者が出て万全とは云え

ない。川崎はダミアンではなくコバ悠が先発し、右SBにはイサカ・ゼインが初出場のチャンス

を掴んだ。他は筆者の予想通りであった。川崎がゲームを支配する展開も、「例によって」と云

っては不謹慎かも知れないが、中々得点できず。コバ悠からのプレゼントボールを拾った長谷川

がドリブルで持ち込み決めたゴールもオフサイドの判定。前半終了近くに、家長のクロスを相手

DFがミスし、零れ球をコバ悠が決めようやく先制点をもぎ取った。零れ球と云えども決め切る

ところはさすがコバ悠だ。後半10分頃から暫く横浜FCの時間帯が続く。流れとは不思議なも

ので、セカンド・ボールが取れないか、もしくは相手側に零れて行ってしまう。そんな厭な流れ

を払拭したのがカウンターからの一撃で、長谷川がドリブルで持ち込み、絶妙なクロスを送ると、

右から走り込んだコバ悠が追加点を決めた。キックと云うより執念で当てて押し込んだ、と云う

べきだろう。終了間際に登里に替わり神谷凱士が初出場のピッチに立ったが、直後に終了の笛で、

ボールに触れる事は出来なかったのではなかろうか。「それはないよ」と言ったかも知れない。

フル出場のイサカ・ゼインは見せ場はなかったものの、無難にこなしたのではなかろうか。即山

根の替りとは云えないまでも、サブとして見込めるのではなかろうか。

 

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »