« 川崎:鹿島戦TV観戦記 2021.05.30 | トップページ | A代表:U-24戦TV観戦記 2021.06.03 »

2021年6月 3日 (木)

川崎:横浜FC戦(DAZN)観戦記 2021.06.02

谷口、山根(以上A代表)と田中碧、三笘、旗手(以上U-24)が代表に呼ばれ、相手が横浜FC

とは云え、直近の戦いで後半苦戦した相手だけに、主力5選手抜きの一戦は勝敗を含め選手起用

や戦い振りが注目される(少々他人事か)。横浜FCもPCR検査で陽性者が出て万全とは云え

ない。川崎はダミアンではなくコバ悠が先発し、右SBにはイサカ・ゼインが初出場のチャンス

を掴んだ。他は筆者の予想通りであった。川崎がゲームを支配する展開も、「例によって」と云

っては不謹慎かも知れないが、中々得点できず。コバ悠からのプレゼントボールを拾った長谷川

がドリブルで持ち込み決めたゴールもオフサイドの判定。前半終了近くに、家長のクロスを相手

DFがミスし、零れ球をコバ悠が決めようやく先制点をもぎ取った。零れ球と云えども決め切る

ところはさすがコバ悠だ。後半10分頃から暫く横浜FCの時間帯が続く。流れとは不思議なも

ので、セカンド・ボールが取れないか、もしくは相手側に零れて行ってしまう。そんな厭な流れ

を払拭したのがカウンターからの一撃で、長谷川がドリブルで持ち込み、絶妙なクロスを送ると、

右から走り込んだコバ悠が追加点を決めた。キックと云うより執念で当てて押し込んだ、と云う

べきだろう。終了間際に登里に替わり神谷凱士が初出場のピッチに立ったが、直後に終了の笛で、

ボールに触れる事は出来なかったのではなかろうか。「それはないよ」と言ったかも知れない。

フル出場のイサカ・ゼインは見せ場はなかったものの、無難にこなしたのではなかろうか。即山

根の替りとは云えないまでも、サブとして見込めるのではなかろうか。

 

« 川崎:鹿島戦TV観戦記 2021.05.30 | トップページ | A代表:U-24戦TV観戦記 2021.06.03 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:鹿島戦TV観戦記 2021.05.30 | トップページ | A代表:U-24戦TV観戦記 2021.06.03 »