« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »

2021年7月

2021年7月29日 (木)

東京五輪 日本:フランス戦TV観戦記 2021.07.28

南ア戦に大逆転で勝ったフランスとの一戦。フランスはこの試合に2点差以上で勝てば勝点と得

失点差で日本に並び、総得点では上回るので予選突破も可能だ。日本の先発メンバーだが、頭に

上田、2列目の左には予想外の旗手が起用され、故障明けの冨安がCBに入った。他は前の試合

と同じだ。結果的にはこの布陣が当った。言うまでもなく先制点が鍵となるが、この試合も久保

が先制点を決めた。上田が右サイドの角度のないところから半ば強引にシュートを放ち、GKが

パンチングで逃れた零れ球を走り込んだ久保が決めた。旗手もゴール前に詰め、相手DFも含め

Pエリア内がごちゃついた隙間を抜ける見事な一撃であった。この一打は効いたようだ。追加点

も上田のシュートから生まれた。バイタルエリアで縦パスを受けた上田が相手DFと競り合いな

がらのシュート。GKがパンチングで逃れるも大きくゴール前に上り、走り込んだ酒井がフリー

で決めた。筆者はGKが弾いた零れ球を決めるシュートが大好きである。いい場面を立て続けに

観させて貰った。後半も流れは渡さず、相手ラフプレーに対しレッドカードも出てフランスは完

全に戦意喪失となり、三好と前田の一発も飛び出し、4:0の大勝で予選リーグ1位通過を決め

た。

予選リーグをみる限り日本は攻守のバランスが良く、特に久保は絶好調だ。波に乗ったときは難

しいコースのシュートも決まるものだ。この日のシュートも決して易しいコースではなかったが

、両軍選手の間をすり抜けて行った。三好のシュートも流れに乗ったから、狭いルートを切り裂

いて行ったものと思う。この流れを大事にし決勝トーナメントも勝ち抜いて貰いたいものだ。

2021年7月28日 (水)

東京五輪 日本:メキシコ戦TV観戦記 2021.07.25

サポーターとしては、「接戦の上虎の子の1点を守り切り勝点3を確保」のような試合を期待し

たが、あっさり先制点を奪うと、その直後にPKで追加点が入り、気が抜けたようになってしま

った。決定機を逃すことが多い日本代表だが、久保の相手DFにぎりぎり競り勝ってのシュート

は素晴らしかったし、PKを誘発した相馬のゴールライン際まで運んだプレーもみるべきものが

あった。「一番難しい2点差」と実況のアナウンサーと解説者。一瞬、W杯のベルギー戦を思い

出したが、画面上に繰り広げられている戦いからは不安が感じられない。むしろ余り楽をしては

次戦以降に影響がでるのではないか、と思ったほどだ。遠藤と碧のボランチ、吉田と板倉のCB

が堅牢で、メキシコのボール支配率が上がっても緩みは見当たらない。おまけに前田のカウンタ

ーからの決定機を阻止したとしてメキシコDFにレッドカードが出され、このままもう1点追加

点を得て試合を締めくくれそうな勢いであったが、そのようにはいかないのが大試合だ。相手の

FKが双方の選手の間をすり抜けて直接左隅に決まり、失点してしまった。そのまま逃げ切った

が何とも勿体ない失点であった。連勝で予選突破に有利になった事は変わりないが、未だ何も得

てはいない。次戦フランス戦に向けて心身ともにリフレッシュして貰いたいものだ。

南ア戦のコメントにもあったが、この試合でも不可解なイエローが出されていた。とんでもない

ところで出されることを心配している。

2021年7月23日 (金)

東京五輪 日本:南アフリカ戦TV観戦記 2021.07.22

開会式前日にグループステージの試合が始まった。グループAは日本とメキシコ、フランス、南

アフリカで構成され「死のグループ」とも呼ばれている。南アにコロナ陽性者が出て選手も濃厚

接触者に数えられ試合が出来るかどうかさえ危ぶまれた。その最中に久保が「僕らに損はない」

とか発言して物議を醸した。大分前にも書いたが、メディアは監督でもキャプテンでもない一選

手に、本人の調子や心構え以外の質問をすべきではない。また聞かれた選手もチーム全体にかか

わる事への回答は断るべきである。監督はプレーだけでなくメディアへの対応などに関しても若

手選手をしっかりと指導して貰いたいものだ。

南アは5--1の守備重視、カウンター狙いの、いわゆる弱者の戦術である。終始押し気味の展

開も決め切れない。ようやく後半なかばに田中碧のサイドチエンジのロングパスを久保がぴたり

とコントロールし、内に切れ込み際に左足を振り抜きゴール左隅に決めた。トラップからシュー

トまでの一連の流れは相手に考える余裕を与えない素早いものであった。シュートコースも、「こ

こしかない」と云った針の穴を通すようなところで一筋違っていたらブロックされたであろう。

直後の久保の吠え方も感情剥き出しで、気持は分かるが相手のコンディションを思えば抑えるべ

きであったろう。いずれにしても勝点3を獲得できたことは大きい。次戦、フランスに大勝した

メキシコ戦は大一番になると思うが、何とか勝ち抜いて貰いたいものだ。

2021年7月19日 (月)

川崎:清水戦(DAZN)観戦記 2021.07.17

集中開催のACLグループリーグ戦から帰国後も隔離生活を強いられてコンディ

ション的には万全とは言えない中でのJ1戦。田中碧に続いて三苫の海外移籍

が決定的となった。サポーターの誰もが、「いずれは」と思っていたはずだが、

シーズン半ばでの転出に寂しさと不安が交錯する。ACL戦でデビューした新戦力

に期待するしかない。そうこうするうちに神戸の古橋の海外移籍も報道された。

どの選手も大きく羽ばたいて貰いたいものだ。

清水戦の先発陣は現状でのベストメンバーで、IHの大島は今季J1初登場だ。

左WGは長谷川ではなく「新戦力」の宮城が入った。妥当な選択だと思う。こ

のところ連勝できている清水は前線からプレスを掛け、対するフロンターレは

コンディションに配慮したところもあるようで、いつもより動き回らないよう

にみえた。つながずに相手の裏へ出すパスもみられた。チャンスは多くなかっ

たが、一瞬の隙をつき先制点を奪った。登里のスペースへのスルーパスをダミ

アンが相手DFを振り切ってキープし、丁寧なマイナスパスを送り、脇坂が慎

重にサイドキックで決めた。ダミアンの動き出しと登里のパスがぴったりと合

った。後半の追加点も一瞬の隙を突いたもので、相手DFの裏に抜け出した大

島に浮き球のパスが通り、これを絶妙にコントロールし、抑えの利いたシュー

トをゴール右隅に決めた。ここへきての大島の復帰は大きい。

後半の飲水タイムの前後には危ない場面もあったが、ソンリョンがPエリアを

飛び出し「3人目のCB」となってクリアしたり、立て続けのシュートをブロ

ックしたりし防いだ。いずれも試合を左右するようなプレーで、この試合のM

VPに値する活躍であった。総論としては川崎の地力が優った試合であった。

横浜Fマリノスが追ってきているだけに、勝点3を確実に積み上げたのは大き

い。次戦は21日の天皇杯3回戦の千葉戦だが、油断せずに臨んで貰いたいも

のだ。

清水戦終了後は慌てて、U-24対スペイン戦のTV観戦。何でJ1と被った時間

帯に組むんだ、と文句も言いたくなるほど観たかった試合だ。何と日本がリー

ドしているではないか。ところが繰り広げられている戦いは圧倒的にスペイン

がボールを支配しており、ついには同点に追いつかれた。五輪優勝候補のスペ

インとは大分力の差があるように感じたが、全く歯が立たない相手でもないよ

うに思われる。

2021年7月13日 (火)

ACL 川崎:北京FC戦(DAZN)観戦記 2021.07.11

ウズベキスタンで集中開催のACLグループステージは中2日で6試合の過密日

程だ。前節の大邱戦に勝利しグループIの首位通過を確定させた第6節の北京

FC戦は、新戦力の腕試しや試合慣れにもってこいの機会だ。注目の布陣は、前

3人が左から長谷川、知念、初登場の宮城、IHに小塚と遠野が入り、ボランチ

は橘田でBK陣は左から神谷、車屋、山村、イサカ、守護神は丹野とリーグ戦や

天皇杯ではお目に掛かれない顔ぶれだ。終盤には新人の田邉も投入され、フィ

ールド・プレイヤーでは特別指定選手の松井を除く全登録選手24人が公式戦

出場機会を得た。集中開催の思わぬ副産物か。

試合はこのメンバーでも力の差は大きく、相手が前線からのプレスを全く掛け

てこない事もあり、SB二人は高い位置を取り、CBは悠々とボールを捌くこ

とが出来た。シュート数が34:1であったことから分かるように練習試合の

域をでなかったにもかかわらず、4:0の結果では満足出来ないであろう。ボ

ランチの位置でゲームメーカーの役割を担った橘田やセットプレーのキッカー

として安定したボールを供給した小塚と再三突破を図った宮城が目立ったが、

対等以上の相手と対戦した時の力は未知数だ。今後新戦力を「小出し」にしつ

つチーム力の向上を図って貰いたいもので。

集中開催の最終戦のみの報告となってしまったが、2節以降の試合をほとんど

観戦した。5節の大邱戦が山場であったが、ダミアンの3発による快勝に気分

よく眠りに就いてしまい、記憶朦朧となり報告を怠ってしまった事をお詫びし

たい。(他の試合も同様)

« 2021年6月 | トップページ | 2021年8月 »