« 川崎:鹿島戦(DAZN)観戦記 2021.09.22 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 »

2021年9月27日 (月)

川崎:湘南(DAZN)観戦記 2021.09.26

劇的勝利でまさに「等々力劇場」だ。しかも決勝弾の時間が前節と同じ904とくれば興奮せず

にはいられない。先発メンバーは2トップにコバ悠と知念、MFに宮城と遠野、2ボランチに谷

口と脇坂、BK陣は旗手、車屋、山村、山根の布陣で、前節から7人が入れ替わった。しかも谷

口はボランチ、旗手は左SBでの起用なので、前節と同じポジションは右SBの山根とGKソン

リョンだけだ。鬼木監督苦心のオーダーも噛み合わず、ミスパスと湘南のプレスで劣勢だ。する

と15分、大橋に左サイドを突破され、折り返しを3列目からニアに走り込んだ田中聡に決めら

れてしまった。その後も湘南の攻勢は続き、川崎は反撃の糸口が掴めないまま前半が終了。

後半開始から川崎は3枚代え。宮城、谷口に代わりマルシーニョ、橘田が入り、遠野に代わった

登里が左SBへ入り、旗手がMFに上る。このベンチワークは当ったようで川崎の攻撃が活性化

した。縦への動きを封じられ、中へ切れ込むか、バックパスかの繰り返しだった宮城に対し、決

定的な抜け出しはなかったもののマルシーニョの仕掛けは相手を揺さぶった。ボールが回るよう

になったが、得点には至らず。たまらず鬼木監督は早めに手を打つ。コバ悠に代え家長を投入す

ると直後に脇坂のサイドチエンジから山根がクロスを入れ、走り込んだ旗手が頭で決めて、つい

に同点となった。更に川崎ベンチは山村に代えジェジエウを投入し、カウンター一発の攻撃に備

える。湘南は終盤ウェリントンジュニオールを投入しカウンターを仕掛けるもジェジエウが防御

し突破を許さず。このまま終わりかと思った瞬間、家長の絶妙のクロスに知念が飛び込んで劇的

な幕切れとなった。降格圏の最上位の清水と勝点差1の湘南としては、先制しただけに勝点3を

持って帰りたかったのだろう。5BKで固めながらのウェリントンジュニオールの投入はそんな

メッセージをピッチ上の選手に与えたのかも知れない。勝点1でもいいと思ったら違った展開に

なっていたかも知れない。横浜との優勝争いの中、川崎にとっては2試合続けての貴重な勝点3

であった。「等々力劇場」の由来は圧倒的な攻撃力による大量得点で観客を魅了したところにあ

ったはずだ。ぎりぎりのところでの逆転勝利にも魅了されるが、次節以降は本来の姿の「等々力

劇場」を観させて貰いたいものだ。

« 川崎:鹿島戦(DAZN)観戦記 2021.09.22 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 »

コメント

正に等々力劇場アゲイン(等々力では今季初ですが)といえる結果でした。

この試合、湘南の山口監督に注目してました。今年、ガンバの低迷は山口コーチ(現湘南監督)の退団も一因と言われ、どんな采配をするのか興味があったから。前半は、川崎の良さを消す(というより谷口の出来が悪く、周りも足を引っ張られた様子)内容で、先制点も取りました。流石にボランチ谷口では、相手にチャンスを与えるだけの動きで後半から鬼木監督が手を打ちました。これで川崎の攻勢になるも、山口監督は同点になるまで対策をしなかった。走る湘南といえど、動かされると体力の消耗もさることながら、頭も疲労するので、サッカー脳が低下して動きが川崎に一歩遅れることが見えてきました。結果論でなく、この心身の疲れがアディショナルタイムへの悪夢と繋がったと考えます。試合後の監督談話でも、後半から動きが重くなったと言ってることから、自チームの状態を把握しながら対策を打たなかったとも言えます。

良い参謀(コーチ)が居れば、監督へ進言したでしょうが、それも含めてチームです。川崎のコーチ陣(参謀:寺田、戦術:戸田)が優秀なのが差を分けたとも言えます。

この試合の見所もう一つは、宮城の状態。動きは悪く無い(良くは無い)のですが、GKとの1対1を外すようでは、前半で交代となりました。川崎の期待の星ですから、腐らず次の機会へ練習あるのみです。将来、宮代(現徳島)、宮城でツートップを形成するやも知れず楽しみにしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:鹿島戦(DAZN)観戦記 2021.09.22 | トップページ | 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 »