« W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 | トップページ | 川崎:清水戦(DAZN)観戦記 2021.10.24 »

2021年10月13日 (水)

W杯最終予選オーストラリア戦TV観戦記 2021.10.12

とにかく良かった。先発メンバーが注目されたが、433の布陣で中盤は遠藤を底に守田と田中

碧で構成。前3枚は、浅野に代わって前の試合出場停止だった伊東が入り、他は南野と大迫で代

わらず。BK陣は4人とも変わらず。中盤の3人が目玉だが、これは当ったようだ。

3連勝のオーストラリアに対し、背水の陣の日本は球際の戦いで優り主導権を握る。すると前半

早々、左サイドの南野からPエリアの手前を横切るようなパスが右サイドの田中碧に通り、碧が

冷静に左ポスト際に決め先制。見事先発起用に応えた。その後も攻勢は続いたが、追加点を奪え

ず前半を終了。後半はオーストラリアも攻勢に出て、一度目の危機はゴールポストに当り救われ

たが、二度目の危機では失点してしまった。Pエリア手前で守田が滑り込んで止めたプレーでフ

ァールを取られる。一旦はPKの判定もVARによりPエリア外と認められFKに変更され、ほ

っとしたのもつかの間で、このFKを左上に決められてしまった。「未だ20分ある」と放送席

も必死の声援だ。日本は大迫に代え古橋、次いで南野に代え浅野を投入しスピードを生かした攻

撃を展開。そろそろ焦りも出てきそうな時間帯に、浅野がゴール右上を狙ったシュートを放つと、

一旦はGKが弾きポストに当ったが、跳ね返りがゴールに向かって戻った相手BKに当りオウン

ゴールとなって勝ち越しに成功した。

日本の2得点に「絡んだ」のは相手左SB背番号16番のベヒッチだ。1点目の時は南野のパス

をカットしようとして飛び上がって足を出したが空振りし、体勢を崩したものと思われ碧のマー

クには戻れなかった(或いは時間が掛かった)。パスカットを諦めて最初から碧のマークに就い

ていたら、碧も冷静に蹴れなかったかも知れない。(碧のシュートにケチをつける積りは毛頭ご

ざいません)。2点目はオウンゴールの当事者となった。やむを得ないかも知れないが、ボール

を追わないでゴールに詰めていった古橋か伊東のマークに徹していれば違った展開になってい

たかも知れない。(これも古橋の得点となったかも知れない)最終戦までもつれ込んだ場合はア

ウェイでオーストラリアと再戦するので、相手のアンラッキーな選手をマークしておくのも面白

いかな、と思い追記させて貰った。

« W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 | トップページ | 川崎:清水戦(DAZN)観戦記 2021.10.24 »

コメント

日本は、2-1の辛勝でも結果が必要だったので良かったです。
本論の豪州の16番の田中碧への対応場面、碧の移置が16番と斜めに移置取りしてるのがミソかと。
横や縦の関係だと対応し易いのですが(人の動きとして)、南野のキック時に碧が16番と斜めに移置取りしたので、碧への対応は難しくボールクリアに行ったものと考察します。碧のトラップも良く(川崎なら当たり前?)見事なシュートでした。

16番は前半開始早々、伊東にブッチ切られたのでその後、対応が不安定になってました。伊東の脅しが最後まで効いたのかも。

FW陣のシュートは疑問です。大迫に至っては惜しいシュートゼロ、南野、伊東が1本とは、監督の先発メンバー選考も考え物です。

短期決戦は、自チームと相手チームのラッキー、アンラッキー選手の見極めが大事だと野村監督が語ってました。4試合も終えたのでこの見極めも大事かと。ただ、森保監督にこの決断は難しいと考えます。それ故、監督解任を唱えているのですが。

次のアウェイ2連戦(ベトナム、オマーン)、勝利は勿論、得失点差を考えると大量得点が必要です。相手は、カウンター狙いでしょうから、日本の両SBの裏をどうケアするかがポイントです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 | トップページ | 川崎:清水戦(DAZN)観戦記 2021.10.24 »