« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 | トップページ | W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 »

2021年10月 3日 (日)

川崎:東京戦(DAZN)観戦記 2021.10.02

多摩川クラシコになると、その時の順位や調子にかかわりなく熱い戦いが繰り広げられる。ダー

ビーマッチはあちこちにあるが、多摩川を挟んでのライバルマッチは異色で面白い。命名者は誰

だか知らないが、Jリーグ盛り上げへの貢献度は大である。前回はアウェイで快勝したフロンタ

ーレであるが、今回は中3日と中2日の5連戦の最後であり、コンディション的には苦しい戦い

が予想される。先発陣は谷口に代わって車屋がCBに入った以外は前節と同じ顔触れだ。シミッ

チは今節もベンチ入りせず。アンカーの橘田の成長がチームのバランスを支えている、と云って

も過言ではないだろう。

試合は予想通り一進一退か、やや東京が優勢の展開ではあったが、川崎守備陣の頑張りと東京側

のシュートの力みで両者得点に至らず。前半はスコアレスで終わるかと思われたロスタイムに、

マルシーニョのドリブルの外を駆け上がった登里がマルシーニョからのパスを受け、ライン際ま

で運び絶妙のクロスを入れると中央のダミアンが頭で合わせ先制点を奪った。登里が「見たか、

長友!」と云ったかどうかは分からないが、左SBとして負けられない気持ちがあったのであろ

う。ダミアンの一瞬の抜け出しもさすがで、教科書通りのような得点が結果的には決勝点となっ

た。

後半、東京は永井を投入し川崎の背後を狙い、フロンターレは劣勢に立たされたが、BK陣が必

死に守り得点を許さず。極めつけは中頃の永井のシュートをクリアしたジェジエウのプレイだ。

ソンリョンまでかわされて失点を覚悟しただけに、大きな戻りだった。終了間際のPエリア手前

のファールでFKを与えた場面。東京の選手達が防御線が違うと食い下がった後のFKが山根の

の手に当り、微妙なVAR判定となったがお咎めなしで終了の笛となった。土壇場でのハンド疑

惑はどちらとも取れたのではないか。川崎有利の判定となったのは、直前の東京の選手達の執拗

な物言いへの戒めと過密日程を戦い抜いたフロンターレへのご褒美と想像してみるのも楽しいも

のだ。過酷な5連戦も終わってみれば5連勝だが、まだまだ油断はできない。

« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 | トップページ | W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 »

コメント

ここまで過酷な日程のリーグ戦は無いと思います。
欧州でもCLがあるチームは強行日程となりますが、リーグ戦は平準化されます。
それは、リーグ戦を主に日程を決めてカップ戦をリーグ戦の隙間に設定するから。
Jリーグもフェアプレーを謳うなら、日程もチーム毎フェアにすべきです。
次は川崎のリーグ戦の日程です。

9/14 ACL 蔚山現代戦
9/15 帰国(関西空港) 9/29まで隔離(ホテル暮らし)
9/18 J1 A 徳島戦 中3日
9/22 J1 A 鹿島戦 中3日
9/26 J1 H 湘南戦 中3日
9/29 J1 H 神戸戦 中2日
10/2 J1 H FC東京 中2日

最後のFC東京戦はハンデが有り過ぎて無事に試合出来て良かったというべきです。
両足に錘を付けて試合をしてるのかと思う位、良く動く橘田や旗手の動きが重かったです。
登里も試合後、「前半から情けないほど走れなかった」と語ってます。

JFAももっとAFC内の地位強化に力を注いで欲しいです。
現状のACLでは、ACLイコール罰ゲームといえるほどスケジュール、移動が厳しいです。
今回の蔚山戦、韓国内移動に2日間要してます。
9/10 仁川空港着、検疫隔離(夕食は韓国から提供のカップ麺)
9/11 蔚山へ
現役のスポーツ選手がカップ麺を食べて直ぐに試合なんてあり得ません。
そもそもACLグループリーグ戦で最も勝ち点が多く、得失点差も多い川崎が次の16決アウェイで戦うルールに問題有りですがJリーグ、JFAが問題提起出来ないのが一番問題かと。
16決を勝ち上がっても次の開催地も韓国ってどれだけ韓国優位のルールかよ。16決に勝ち上がった名古屋は気の毒です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:神戸戦(DAZN)観戦記 2021.09.29 | トップページ | W杯最終予選サウジアラビア戦(DAZN)観戦記 2021.10.08 »