« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月

2021年11月28日 (日)

川崎:G大阪戦観戦記 2021.11.27

この試合が優勝決定試合になるかも知れない、と思った時期もあったが、3試合前にあっけなく

優勝が決ってしまった。この試合のモチベーションは何だろうか、と思いながら真冬のような気

候の中、等々力スタジアムに向った。この試合からの試みで、座席のカテゴリーによっては入門

時にワクチン接種済(又はPCR検査陰性)証の提示が必要となった。確認済のリストバンドを手首

に巻き指定席に着いた。先発陣は前節と同じ顔触れだ。天皇杯に向けて調子を落とさないことや

相手チームへの礼儀、ダミアンの得点王のサポートなどを考慮したメンバー選定と勝手に解釈し

た。

試合は電光石火のごとき速攻で10分前にダミヤン、旗手が連続して得点し、大量得点のムード

が漂ったが、相手の慣れもあり追加点は奪えず、逆に宇佐美の技ありのループ・シュートにより

失点したままで前半を終了した。後半もガンバの攻勢が続き、クリア・ボールが相手に拾われる

展開が続いたが、得点は許さず。徐々に流れを引き戻すと、ついにダミアンの追加点が生まれ、

次いでロスタイムにCKから車屋が頭で決めたところで試合終了の笛となった。終ってみれば快

勝の4-1であったが、もう少し早い時間帯に追加点を奪いたいところだ。

来季の残留が報じられたダミアンが連続試合2得点で、得点王争いで横浜の前田大然と並んだ。

次節の直接対決が楽しみである。

2021年11月17日 (水)

W杯最終予選オマーン戦(DAZN)観戦記 2021.11.17(日本時間)

16日の昼間、とある歩行会で1万5千歩を踏破した。さすがに疲れたので早々に床に就き、オ

マーン戦は自然体で目が覚めたら観戦することにした。そんな態度だから日本は調子が出ないん

だ、と叱責されそうだが、ご容赦頂きたい。実は2日前、深夜の2時に目が覚め、「そうだオマ

ーン戦だ。後半から観れる」と起き上り、DAZNを立ち上げたが、オマーン戦の映像は影も形も

見当たらない。暫くしてようやく日にち間違いであることに気づいた。ボケである。

この日は1時半頃に目が覚め、前半終了10分前から観戦した。かなりヤバイ感じであった。森

保監督は後半初めから三苫を投入。おー、やっと使う気になったか、と思いながら観ていると、

いきなり縦に突破してファールを誘いFKのチャンスを作った。さすが三苫だ。このチャンスは

ものに出来なかったが、流れは大きく日本に傾き、ついに三苫のクロスを伊東が合わせて先制点

を奪った。結局これが決勝点になったが、他のプレイヤーとの連携がうまくゆけばもっと点が取

れるであろう。三苫は多少の故障があったとはいえ、五輪でもあまり使われなかった。メキシコ

との3位決定戦での活躍をみれば、日本代表に欠かせない存在であることが分かるはずだが、せ

っかく五輪の監督も兼務したのに、森保監督は何をみていたのであろうか。最終予選の初めから

投入されていれば、もっと楽な展開になっていたに違いない。

2021年11月 9日 (火)

川崎:鳥栖戦(DAZN)観戦記 2021.11.07

優勝の感激が醒めやらぬ中の鳥栖戦。天皇杯や来シーズンに向けて新たな戦いが始まった。その

前に、前日の横浜FマリノスとFC東京の試合を注目して観たが、多摩川クラシコの盟友のFC

東京の余りの不甲斐なさに途中で観るのを止めてしまった。結果は何と8:0で横浜Fマリノス

の圧勝であった。前2試合の敗戦が嘘のような大勝であるが、逆転優勝に望みをかけた試合のプ

レッシャーから解放されたのであろう。それでも試合のターニングポイントはあるものだ。横浜

の前田大然のスピードを生かした先制点が効いた。突破の過程で東京の左SBの長友がアタック

に行ったが、難なくかわしてゴールまでもって行った。余計なお世話かも知れないが、東京の左

SBには小川諒也がいる。出戻りの長友が昔の名前で使われているような気がしてならない。

森重の2回にわたるPK献上と退場などチーム全体での失点ではあるが、それにしても8失点も

したチームのSBが日本代表に入っているのは如何なものかと思う。先の先制点を失った場面も

余りにも軽いプレーだったように思う。

余計な事を記載してしてしまったが、こちらの試合も大変な事態に陥ってしまった。開始早々の

失点を初めに前半だけで3失点のビハインドとは信じられない。この試合でもターニングポイン

トがあったと思う。先制点を失った後にマルシーニョが抜け出し、絶好のクロスが遠野の前に流

れたが、遠野のへディングはポストの右へ外れてしまった。信じられないミスと言ってもいい。

久々の出番で結果を求める余り狙い過ぎたのであろう。これが決まっていれば、試合はどうなっ

ていたか分からない。苦境に立った時の挽回策の予習か、チャンピオン・チームとしてのプライ

ドか(筆者は後者とみた)、鬼木監督はベンチスタートのダミアンや家長、ジェジエウ等を次々

と投入したが、終了間際にダミアン弾で1点返すのがやっとであった。後半も鳥栖に何度もゴー

ル前を脅かされたが何とか凌ぎ、FC東京の二の舞は避けられた。それよりジェジエウの負傷退

場が心配である。公式アナウンスはないが重症かも知れない。

プレッシャーや選手起用などの違いもあり「ればたら」の範囲を出ないが、今節の結果を観る限

り、前節に優勝が決まっていて良かったと思う。前節まで1点多かった総得点は、6点もビハイ

ンドしてしまった。11あった得失点差も僅か1まで迫られた。

2021年11月 4日 (木)

川崎:浦和戦観戦記 2021.11.03

久々のスタジアム観戦。ホームでG大阪と対戦の横浜FMが当然勝つものと思っていただけに、

まさかこの日に優勝が決まるとは思わなかった。(G大阪のみなさん、失礼しました)

G大阪がリードしているとの途中経過の情報も入ってはいたが、こちらの試合は終了間際に追い

つかれて引き分けで終了。あちらの試合も土壇場での同点がありうる。固唾を飲んで数分待つと、

スタンドのざわめきとともに、「優勝」の正式アナウンスが場内に流れ、歓声は上げられないが、

拍手の音が響き渡った。大音響のWe Are The Chamionsの曲をBGMにシャーレが何度も掲げ

られた。シャーレが用意されていなかった初回の優勝を思い出しつつ、この場に居合わせた幸運

に感謝した。

この日の試合の内容は省略するが、8月の苦しい時期を乗り越えてよくぞ優勝にたどり着いたも

のだ。フロント、監督、スタッフ、選手全員を称賛したい。

それにしても、MFの二枚看板の憲剛引退、大島負傷で大半欠場、アンカーの守田がシーズン初

め、新二枚看板の三苫と碧がシーズン途中で転出、その他怪我人続出と 隔離生活、過密日程・・・

シミッチやマルシーニョの補強はあったとは言え、筆者も今年はないかも知れないと、弱気になっ

た時期もあったことをお詫びし告白したい。見事苦境を跳ねのけてくれました。

8月18日の札幌戦の観戦記の末尾に、「前節までの3試合で14点を奪って圧倒的な攻撃力をみ

せる横浜FM。一体どんな戦い方をしているのか。後の時間帯に組まれた鹿島戦を、前半途中から

観た。この試合は鹿島が徹底したマンツーマン・ディフェンスを敷き、後半多少息切れしたが、横

浜FMを2:0と完封した。これまで各チームが川崎対策に専念し、横浜は隙を突いてきた感じだ

が、今後は横浜対策も進むものと期待している。(他力本願ではだめか?)」と記載したが、何と

その後の横浜は期待通りで(笑)、3勝3敗1分の勝点10止まり。川崎は6勝1分で勝点19と

対照的に好調で、4試合余しての優勝決定であった。おめでとう。ありがとう。

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »