« ACLグループステージ広州FC戦DAZN観戦記 2022.04.18 | トップページ | ACLグループステージ蔚山現代戦DAZN観戦記 2022.04.27 »

2022年4月27日 (水)

ACLグループステージ ジョホール・ダルル・タクジム戦DAZN観戦記 2022.04.24

第3節の同チームとの対戦は、他に熱中する仕事があったとは云え不覚にも見

逃してしまった。蔚山が負けているので警戒が必要だと思っていたが、結果が

スコアレスドローと知って驚いた。

この試合、フロンターレが相手の出方を探っている様子もあり、立ち上がりは

互角にみえた。ところが14分に脇坂の鮮やかなFK弾が決り、流れが一変し

た。家長と山根による右からの崩しが有効となり、山根のクロスからコバ悠の

2発が決り、試合の行方はほぼ決した。コバ悠の2発目はボレーからの弾丸弾

で、駆け引きを含め「これぞコバ悠」と言う一発だった。後半、交代で入った

マルシーニョとこの試合フル出場のチャナにも得点があり、終ってみれば、前

の試合のスコアレスドローが嘘のような大勝であった。次節の蔚山戦もじっく

り構えて勝点3をもぎ取って貰いたいものだ。

« ACLグループステージ広州FC戦DAZN観戦記 2022.04.18 | トップページ | ACLグループステージ蔚山現代戦DAZN観戦記 2022.04.27 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACLグループステージ広州FC戦DAZN観戦記 2022.04.18 | トップページ | ACLグループステージ蔚山現代戦DAZN観戦記 2022.04.27 »