« 東アジアE-1選手権 日韓戦TV観戦記 2022.07.27 | トップページ | 川崎:横浜FM戦DAZN観戦記 2022.08.07 »

2022年7月31日 (日)

川崎:浦和戦DAZN観戦記 2022.07.30

ジェジエウが復帰し、「さーこれからだ」と思っていたところ、蓋を開けてみれ

ば大量のコロナ陽性者が出て、サブのフィールド・プレイヤーは2人だけで、

異常な編成となった。それでも両SBに専門職ではない瀬古と橘田が入った他

は顔ぶれとしてはけっして悪くない。マルシーニョ、ダミアン、家長の前3人

にIHが遠野と脇坂、1ボランチのシミッチ、ジェジエウと谷口のCBだ。問

題は脇坂はともかくとして日韓戦フル出場の谷口の疲労度と久々のジェジエウ

や両SBとの連携などだ。解説者も言っていたが、フロンターレは失点せず省

エネで前半を乗り切ること。ところがあっと云う間の失点で、ペースは浦和に

握られてしまった。10分後にはシミッチが翻弄されて、追加点を奪われ早く

も赤信号が灯る。台所事情を考えるなら、2ボランチの守備的な体制で行くべ

きだと思われるが、頑なに433のシステムで両ワイドに隙が出来てしまう。

成功体験もあり、システムは急に変えられないのだろう、と思うしかない。後

半、PKを得て1点差に迫ったが、浦和の粘り強い攻撃に3点目を許し万事休

すであった。フロンターレ・サポーターとしては緊急事態を克服して敵地で勝

点3をもぎとる姿を見たかったが夢と消えてしまった。ルヴァンを含めての5

連戦をどう乗り切るのか、試練の8月になってしまった。柔軟な戦法がとれる

かどうかが鍵になるだろう。

« 東アジアE-1選手権 日韓戦TV観戦記 2022.07.27 | トップページ | 川崎:横浜FM戦DAZN観戦記 2022.08.07 »

コメント

E-1選手権に選出された選手(谷口、脇坂、山根)は、代表からの試合間隔が短い事からこの浦和戦は回避するという話がありましたが、コロナで大量の欠場者が出た為、仕方なく谷口、脇坂も先発。
ジェジェウのJリーグ復帰初戦と重なり、CBの連係が心配されましたが、案の定試合開始早々の失点でした。ジェジェウの復帰2-3戦は様子見で回りがカバーすればと思いましたが・・・
コロナ禍のルールに正直に従った川崎は、浦和に蹂躙され、上手く立ち回った名古屋は、試合延期という逃げに成功?しました。

コロナで練習もままならない中、メンバーもギリギリ13人、Jリーグがフェアプレーを謳うならこの状態で相手チームと、どう公正さを保つかも検討しなければtotoの対象試合なので問題有りかと。例えば、メンバ-の少ないチームは5人分の選手交代を認める(同じ選手の出入りを可能とする)とか。

川崎の試練は、これから5連戦ですので、少ないメンバーでどう遣り繰りするか、コロナで復帰出来るメンバーは何人かでしょうか。真夏の5連戦ですので・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東アジアE-1選手権 日韓戦TV観戦記 2022.07.27 | トップページ | 川崎:横浜FM戦DAZN観戦記 2022.08.07 »