« 川崎:浦和戦DAZN観戦記 2022.07.30 | トップページ | 川崎:福岡戦DAZN観戦記 2022.08.20 »

2022年8月 8日 (月)

川崎:横浜FM戦DAZN観戦記 2022.08.07

歓喜!感動!

試練の5連戦の真ん中の試合。相手は首位を走る絶好調の横浜FM。ようやく

サブ陣がGKとFP6人の通常編成に戻ったとは云えコンディション的には不

利な状況に変わりはない。右SBに山根、IHの一方にチャナティップが戻っ

た他は浦和戦と同じ先発メンバーで、頑なに433の陣形を取りフロンターレ

のストロング・ポイントを押し出して行こう、との強い姿勢がみてとれる。

一進一退の攻防で始まったが、横浜FMが前からのプレスを強め、やや押し気

味に進むも、頃合いの時間帯にフロンターレが先制した。谷口から右に上った

山根に絶妙なパスが送られ、山根のワンタッチのクロスにダミアンが難しいワ

ンバウンのボールにヘッドで合わせた見事なゴールであった。谷口のパス、オ

フサイドぎりぎりの山根の抜け出しとボレーでのクロス、ダミアンの難易度の

高いシュートはどれもぎりぎりのプレーであった。1点リードのまま前半終了

かと思われたが、終了間際に横浜FMのカウンター攻撃を受け、仲川に同点ゴ

ールを許してしまった。通常は最悪の時間帯での失点かと思われるが、前期の

一戦のような相手の押せ押せムードを断ち切る休止が入りむしろよかったので

はなかろうか。

後半も横浜FMがやや優勢で展開するが、後半30分の木村主審の負傷交代の

アクシデント(第4の佐藤審判が代行しJ1初の笛)を挟み、睨み合いのまま

引分の気配が濃厚となる。フロンターレはダミアンに代えてFWとして山村を

投入したが、これが勝負の分かれ目になるとは想像も出来なかった。セットプ

レーで上ったジェジエウの足がつったため、そのまま前線に残り山村がBKに

入った終了間際に家長のクロスを、足がつったとは思われないジェジエウが豪

快なヘッド弾を放つと、ポスト内側に当りネットを揺らした。コロナ禍にめげ

ずひたむきに戦い続けたフロンターレへのサッカーの神様からのプレゼントか

も知れない。

 

話は変わるが、鹿島のヴァイラー監督の退任が決まったようだ。5戦勝利なし

のここ2戦無得点の「不振」が理由だが、何とも急すぎる。シーズン途中のエ

ース上田の欧州転出などが不振の要因のようだが、初のヨーロッパ出身の監督

には、長年ブラジル流でやってきた鹿島の水が合わなかったのだろうか。

« 川崎:浦和戦DAZN観戦記 2022.07.30 | トップページ | 川崎:福岡戦DAZN観戦記 2022.08.20 »

コメント

久し振りに等々力が揺れました。それもその筈、後半ロスタイム終了寸前に劇的なゴールでしたから。
ジェジェウが復帰すれば、守備が安定し攻撃へも良い結果をもたらすと信じてましたが、もう少し時間がかかるような。ただ、横浜FMの守備陣は高い位置を取るので、横浜FMのBK裏を狙う攻撃が効を奏してました。他のチームもこの攻めは参考になるのでは。

最後のジェジェウのゴール後、谷口は殊勲者へ労を称えるセレブレーションを行うのに、この日は自身の守備位置で座り込んでました。E-1選手権から中2日、中3日、中3日の連戦ですから心身共に疲れ切っていたのだと察します。残り2連戦、ホーム等々力で戦えますが、コロナで選手が復帰すれば、1試合くらい休ませてあげたいものです。

鹿島のヴァイラー監督はもう少し見たい気がします。戦術転換すると1年は投資する勇気?がないと大きな果実は得られないので。川崎は風間監督に変えて2年結果は良く無く、その我慢がその後の躍進に繋がったので。清水や神戸もその類いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:浦和戦DAZN観戦記 2022.07.30 | トップページ | 川崎:福岡戦DAZN観戦記 2022.08.20 »