« ACL準決勝 浦和:全北現代戦 DAZN観戦記 | トップページ | 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 »

2022年8月28日 (日)

川崎:鹿島戦DAZN観戦記 2022.08.27 

毎度同じことを書くようだが、どんな勝ち方でも良いので、今のフロンターレ

は一戦づつ勝ち続けるしかない。本戦は正にこのような結末であった。初優勝

した17年シーズンを思い出す。

今節の布陣をみるとソンリョン、チャナティップ、ダミアンがベンチ外で、登

里、大島、知念が復帰した。GKは丹野、トップにコバ悠が入り、左SBは登

里で橘田がMFに戻った。

首位を行く横浜FMへの挑戦権を賭けた一戦は、あっけなく先制する。前節で

も先制点の起点となった家長、脇坂、山根の「黄金のトライアングル」による

右サイドからの攻撃は、4人に囲まれたところから抜け出した家長が強靭な体

幹を生かして一歩抜け出しPエリア内に侵入したところで、ディエゴピトゥカ

のファールを誘いPKを得て、これを本人がひやりとさせるような左上隅に決

めた。ディエゴピトゥカが早めにファールを犯していればPKにはならなかっ

たかも知れず、これは勝負の女神の微笑みか。その7分後には、Pエリアの左

手前で得たFKを脇坂が右隅に決め、楽勝ムードとなる。その後も高い位置で

のプレスからミスパスを誘発しマルシーニョがGKと1対1になったり、CK

からシミッチが頭で合せたりしたが、相手GKに阻まれた。3点目が取れなか

ったことがその後の苦戦につながった。前半は2:0で終了。

前半終了間際から攻勢に転じた鹿島は、後半早々に樋口のアーリークロスをジ

ェジエウの前で仲間がバックヘッドで合せ1点返した。170の仲間と186のジェ

ジエウの身長差からみて不思議な失点であったが、不意を衝かれたのかも知れ

ない。以後もPエリア内でボールが登里の腕に触れたような微妙なプレーも含

めてはらはらする場面が多かったが、登里から車屋、コバ悠から知念への早め

の選手交代が功を奏し守勢一方の状態が大分緩和した。コバ悠が精彩を欠いた

のは気にかかる。飲水タイムに脇坂から大島、マルシーニョから遠野、終了間

際に橘田から山村に選手交代し、逃げ切りに成功した。鹿島はアーリークロス

からの得点で味を占めたのか、或いはフロンターレがC大阪戦でFKから2失

点した場面を学習したのか、早めのクロスが多く、裏に抜けるプレーはほとん

ど見られなかった。これは川崎の守備陣にとって幸したのではなかろうか。

« ACL準決勝 浦和:全北現代戦 DAZN観戦記 | トップページ | 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 »

コメント

試合内容は、本論の通り川崎が圧倒するわけでも無く、鹿島に攻め込まれた印象です。これは、鹿島がロングボールを多用し、且つロングボールの精度が良いピトゥカがいることも採用した理由では。このロングボール作戦は、10年以上前にプレミアで流行した戦術ですが、ローリスクながらリターンも低い事からその後廃れたと思ってます。鹿島がこの戦術を継続するなら、トップに競り合いの強い選手(エベラウド)が必須ですし、その回りを良く動く選手(川崎なら橘田)が居ないと成り立たないです。また、ピトゥカに蓋をされた時の代案も必須です。要は、ローリスクでハイリターンはサッカーで成立しない戦術かと。

大島が交代で入った時、得点が入った時より大きな拍手と喝采でした。矢張りサポは良く知ってるなと思います。また、遠野のGKへのバックパスを叱責したり、試合後、遠野、知念へ指導?してたのは、守備位置、攻撃へのアクセントなどかと思います。中盤から見て、前線の選手の動きでオカシイと感じてたのでしょう。

交代でベンチへ下がったノボリのハッスル?振りも印象的でした。試合後半、監督よりも前に出て、遠野や知念達にマークに行く・行かないを声掛けしてました。選手がコーチボックスから声掛けって違反?
川崎が全員で戦ってる一例です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACL準決勝 浦和:全北現代戦 DAZN観戦記 | トップページ | 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 »