« 川崎:柏戦DAZN観戦記 2022.09.17 | トップページ | 川崎:札幌戦TV観戦記 2022.10.01 »

2022年9月28日 (水)

キリンチャレンジカップ 日本代表:エクアドル戦TV観戦記 2022.09.27

米国戦は開始時間に間に合うように帰宅したが、外出先での水分補給に行き

過ぎがあり、睡魔の襲来により途切れ途切れの観戦となってしまった。

FIFAランキング上位の相手を圧倒する内容であったが、相手の出場選手の

実力も含め、調子が今一の様子だった。これも睡魔の一因だったかも知れ

ない。

エクアドル戦の日本代表の先発メンバーは米国戦から総入れ替えと云う大胆

な起用となった。東京五輪で中2日でも先発メンバーを変えず、批判された

のがよほど堪えたのだろうか、まるでBチームが出てきたみたいだ。多くの

サポーターが、「それはないよ」と思った事だろう。エクアドルのプレスが

早いのには驚かされた。個人技にも優れキープ力も確かで、ダニエルのPK

を阻止したスーパープレイもあったが、よくぞ失点しないで凌いだものだと

云うべきか。仮想コスタリカだとしたら、楽勝などして浮かれる事にならな

かった幸運に感謝すべきであろう。

本番でも、第2戦のコスタリカ戦はBチーム(?)で臨むのだろうか?

« 川崎:柏戦DAZN観戦記 2022.09.17 | トップページ | 川崎:札幌戦TV観戦記 2022.10.01 »

コメント

本論の通りこのメンバー選考は無いよと思いました。
残りこの試合を含め2戦となった時期に何を血迷ってと言いたくなります。残り試合を考えれば、チームのチューンナップと補助メンバーの選定に費やすべきで、主軸と組み合わせた時のベスト、ベター・メンバーが誰かを選ぶ時期です。先発を総取っ替えすると、組み合わせの妙を見れません。これで割を食ったのが、古橋、三苫、田中碧でしょうか。

古橋は相手BK陣との駆け引きに優れ、裏への飛び出しが秀逸な選手で欧州CLでも活躍してます。これを活かすには、中盤・トップ下に優れたパサーが必要(鎌田や守田、田中碧)ですが、田中碧以外出てません。南野はトップ下なら活きると思ってましたが、フランスでも酷評されてる通り、ボールキープ出来ないのでは使えないです。

三苫は、長友、南野では活きないです。長友は守備を意識して、三苫を追い越す動きをしません。これでは三苫はドリブルしか選択肢が無く、相手のファール覚悟の制止で止められます。三苫を活かすなら 旗手を起用すべきでした。

田中碧は組む相手が悪かったです。柴崎はそもそも代表に選ばれる選手で無い筈。柴崎と組むと遠藤・守田でも機能しないこと明白です。

先発選考の一番不可解なのは、旗手を選考しなかった事です。
旗手は、つい先日の欧州CLでリアルマドリッド相手に活躍し、監督やサポから絶賛された選手です。この一件で選考されたと思いましたが、違った?
欧州の2部リーグやJリーグで活躍した選手と欧州CLで活躍した選手への扱いに戸惑いを覚えます。

この試合の意義が、W杯対戦国への陽動作戦だとしたら良い戦術でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:柏戦DAZN観戦記 2022.09.17 | トップページ | 川崎:札幌戦TV観戦記 2022.10.01 »