« 川崎:鹿島戦DAZN観戦記 2022.08.27  | トップページ | 川崎:湘南戦DAZN観戦記 2022.09.03 »

2022年9月 2日 (金)

川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31

3点目が入った時点からであるが、久し振りにゆったり観戦できた。福岡戦も4点入ったが、

相手方の一発退場もありバタバタ感があった。ソンリョンが戻り、車屋が左SB、FWの真ん

中に知念が入った他は前節通り。車屋の左SB、橘田のIHで安定感が出る。鳥栖の前線から

のプレッシャーも軽く交わしてしまう。左SBは車と登の使い分けが良いと思う。佐々木には

出番がなくなってしまうが、自力でポジションを奪い取って欲しいものだ。久し振りに先発で

起用された知念が結果を出した。家長の右足からのクロスに頭で合せ先制点を決めた。その後

も2回ほど追加点のチャンスがあったが、右足でのシュートはいずれもバーを越えて行った。

枠内に行くように練習して貰いたいものだ。前半終了間際にマルシーニョが抜け出して鮮やか

に決めたが、惜しくもオフサイド。追加点を奪えぬまま前半終了。後半早々に右CKを頭で決

めたシミッチの追加点は大きかった。その後、相手CKのこぼれ球を脇坂が大きくマルシーニ

ョへ出したパスがつながり、相手GKが出ているのをみてマルが放ったループシュートが見事

に決り、勝利を決定づけた。終盤には宮城のクロスにコバ悠が飛び込み、こぼれ球を大島が押

し込んだ。途中出場の3選手が絡んでの得点は気分が良い。暫定首位に立ったとは云え、横浜

FMは1試合少ないので、実質的には勝点2のビハインドである。 

« 川崎:鹿島戦DAZN観戦記 2022.08.27  | トップページ | 川崎:湘南戦DAZN観戦記 2022.09.03 »

コメント

本論の通り久し振りに完勝に近いものでした。
これは、試合後鳥栖の川井監督が語ってますが、「川崎と真っ向勝負して何が足りないかを見たい」という戦術から、川崎にアッサリ勝負を付けられたと思います。他のチームの監督が、川崎対策としてロングボールや5バックとか普段自分達の戦い方を変えてまで勝ち点を奪う戦術より将来性があると思います。自分達の戦い方のベースを作り、その上にどの程度積み上げていくかがリーグ戦での戦術の方が将来性を感じます。

しかし、鳥栖の選手は良く走りますね。この走力とスタミナに技術が身につけば、J1を席巻すること間違い無しです。川井監督が目指すサッカーでは。今年のJリーグで前評判の良く無かった鳥栖がここまで頑張っているのはこの監督の手腕が大きいのでは。

普段、チームのエースに育っている 宮代を契約上、川崎戦で使えなかったのも響いたやも知れません。
宮代先発で垣田が交代で出てくるのが鳥栖のスタンダード?でしたので。

次の湘南へのリベンジ有るのみです。ホームで0-4で負けてますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:鹿島戦DAZN観戦記 2022.08.27  | トップページ | 川崎:湘南戦DAZN観戦記 2022.09.03 »