« 川崎:名古屋戦DAZN観戦記 2022.09.14 | トップページ | キリンチャレンジカップ 日本代表:エクアドル戦TV観戦記 2022.09.27 »

2022年9月18日 (日)

川崎:柏戦DAZN観戦記 2022.09.17

前節の名古屋戦同様、先制点は奪ったものの逃げ切れず1:1の引分けで勝点1に留

まった。フロンターレの今季のチーム力が如実に表れた結果であろう。

イエロー累積による山根の出場停止や脇坂の負傷(軽微?)などにより、トップにコバ悠

が入り、左SBは登里で佐々木旭が右SBに回る。IHにはチャナティップが入り、他

は前節と同じ。前半のうちにコバ悠が先制点を奪ったが、後半は柏のペース。Pエリア

内でジェジエウが細谷と縺れたところに谷口が応戦したのが裏目に出て、零れ球をドゥ

グラスに決められてしまった。その後も柏の圧力が強くフロンターレはGKやCBから

のビルドアップが出来ない始末だ。やむを得ずロングパスを放つも前線でキープ出来な

い場面が散見され、得点の匂いが感じられず。たまりかねたジェジエウが独自判断(?)

で上るも、作戦の共有ができていないためか、ゴール前にクロスがほとんど上らずタイ

ムアップとなる。2戦続けての勝点3逃しで優勝は遠のくばかりだ。今は、残り試合を

頑張れ、と云うしかない。

柏の左SBには今まで出番に恵まれなかった北爪健吾が今季初先発で登場。溌溂とした

プレーには目を見張るものがあった。

« 川崎:名古屋戦DAZN観戦記 2022.09.14 | トップページ | キリンチャレンジカップ 日本代表:エクアドル戦TV観戦記 2022.09.27 »

コメント

本論の通り先制したのに勝ちきれない試合が続いてます。9月に入って湘南、名古屋、柏と後半追いつかれて、逆転負け、ドロー、ドローと残念な結果です。本来、優勝するチームは後半情勢を立て直して追い付く、逆転するものですが、その逆になってるのが嘆かわしいです。

この試合は、後半ネルシーニョ監督がシミッチを徹底マークして、川崎の中盤を抑え柏のターンに持っていった感じです。本来、シミッチをSBであったり、IH(チャナや橘田)がカバーして柏の思惑を崩す筈が、ノボリ、佐々木も攻撃の動きは重く、チャナは動き過ぎ?なのか本来居るべきポジションにいないという中盤構成では効果的な攻撃は見るべきも無かった感じです。

中盤を構成する大島の怪我、小塚の伸び悩みも有り、連戦となるとメンバー固定の影響から中盤が動けないサッカーでは、勝てる確率はガクンと減ります。

残り5試合、これだけ負けて、引き分けて優勝の可能性があるのは奇跡です。5連勝すれば、吉報も届く筈、メイクミラクルです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:名古屋戦DAZN観戦記 2022.09.14 | トップページ | キリンチャレンジカップ 日本代表:エクアドル戦TV観戦記 2022.09.27 »