« 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 | トップページ | 川崎:広島戦DAZN観戦記 2022.09.10 »

2022年9月 4日 (日)

川崎:湘南戦DAZN観戦記 2022.09.03

前節の鳥栖戦の快勝から一転して、「うーん」と唸る他はない結果に終った。そ

れも逆転負けなので尚更だ。決勝点を献上する前の猛攻が実らなかった。隙が

出来たのかも知れない。ジェジエウがPエリア内でファールをとられる前に足

を気にしていたが、中2日での先発の影響があったかも知れない。大事に至ら

ないことを祈るばかりだ。

途中経過では横浜FMが東京相手に2:0とリードしていたが、東京が追いつ

きドロー。東京の2得点は川崎からシーズン途中に移籍した塚川が上げたもの

で、天晴と言うべきであろう。

« 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 | トップページ | 川崎:広島戦DAZN観戦記 2022.09.10 »

コメント

本論の通り、がっくしとしか言いようがありません。

選手の固定化によって、控えの選手が育ってないのがここに来て響いてます。中3日、2日と続く連戦ですので、選手の一部入れ替えすべきでしょうが、前戦の鳥栖と同じメンバーが先発。矢張りと言うべきか、足が重く湘南に悉くボールを駆られます。セカンドボールも湘南が拾いまくってた印象です。良く動く 橘田 の動きが重かったので、相当きついのだなと思いました。

ただ、交代で出た、コバ悠、宮城、山村も出来が悪く、先発陣へのカバーどころか、逆に足を引っ張る状態でした。コバ悠の出来の悪さが気になります。簡単なトラップをミスして、折角の大島からのスルーパスをしくじるとか、クロスに対応出来ないとか、どうした と言いたい出来でした。

宮城は、鳥栖戦で果敢にシュートを打って、惜しいシーンを作ってましたが、今節は、シュートもクロスもダメダメでした。試合によって好不調の波が大きいようです。

山村は、スピードの無さが仇になりました。ロスタイムの失点は、足が速いCBなら防げたと思います。

優勝するチームは、ロスタイムで勝利するか引き分ける 運 を持ってますが、今年の川崎は、ロスタイムでの悲劇が多すぎます。 残念 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:鳥栖戦DAZN観戦記 2022.08.31 | トップページ | 川崎:広島戦DAZN観戦記 2022.09.10 »