« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

2023年5月

2023年5月29日 (月)

川崎:柏戦観戦記 2023.05.28

リーグ戦3連勝の後連敗し、週中のルヴァンカップ浦和戦も逆転負けの厳しい

状況の中でのホーム戦。下位の柏が相手とは云え、G大阪戦、FC横浜戦の例

もあるので侮れない。布陣はGK上福元、BK山根、大南、車、登、MFシミ

ッチ、大島、脇坂、FW家長、コバ悠、宮代でスタート。予想に反し柏の圧力

が弱くフロンターレのペースで試合は展開するも得点に結びつかない。先制点

は前半の中頃に意外なところから生まれた。相手スローインからのビルドアッ

プの隙を突いてコバ悠がボールを奪いそのままゴールへ向い確実にゴールを決

めた。前半終了間際には登がミドル弾を決め2点リードのまま前半を終了。後

半柏も立て直してきたが主導権は譲らず、サポーターとしては3点目を期待す

るも、毎度のことながら何度も訪れた決定機を決め切れず試合終了。課題を残

したままとは云え、クリーンシートで勝点3を積み上げたのは気持ちが良いも

のである。当然勝利の美酒だ。

2023年5月20日 (土)

川崎:横浜FC戦DAZN観戦記 2023.05.20

昇格チームに完敗した。圧倒的にボールを支配しながらも決定機を作れず、守

備ブロックの周辺を回しているだけのサッカーにまんまと誘い込まれてしまっ

た。しかも相手のカウンター攻撃を浴びて、前半終了間際と後半開始早々に次

々と失点してしまった。相手側としてはゲームプラン通りの会心の試合運びで

あったであろう。フロンターレも1点返したが、瀬古のFKの1発で、流れの

中で相手の守備を崩して得たものではない。先制点の場面、井上が走り込みな

がら浮き球を後ろ向きでコントールし、そのまま反転してのシュート。動きに

途切れることがなかった。追加点の場面、後半フロンターレが反撃すべく前掛

りになった右奥のスペースを突かれたもので山下のスピードに車屋が競り負け

最後はお手上げの状態だった。井上や山下のような選手は今どきのJリーグに

はごろごろいると思うべきであろう。一方、ボールを支配しながら隙を突いて

行こうと云うフロンターレの攻撃スタイルはどのチームにも学習され、対応策

が出来てしまっているように思われる。全般的に攻撃にスピードがなく、カウ

ンター攻撃にしてもゴール前は埋められてしまっていることが多い。

2023年5月15日 (月)

川崎:FC東京戦DAZN観戦記 2023.05.12

多摩川クラシコはJリーグ30周年記念スペシャルマッチとして国立競技場で

開催された。(FC東京主催ゲーム)

前節3連勝で波に乗るフロンターレ。札幌戦で1-5と大敗したFC東京が相

手で当然4連勝の期待が高まる。数日前に訪れた居酒屋の熱狂的なFC東京サ

ポーターの親方は諦め気味に、「幸いなことに当日は営業中なので試合を観れな

いことだ」と語っていた。

高井がU-20W杯アルゼンチン大会代表に永長とともに選ばれ当面不在のた

め、BK陣は車屋がCBに戻り、左SBに登里が入った。MFとFW陣は前節

と変わらず。まさか油断した訳ではないと思うが、又高井が抜けてBKからの

ビルドアップのテンポが変わったからではないと思うが、試合は予想とは裏腹

にFC東京の圧力が強く、前節までのような軽快なボール回しが出来ず、ミス

も多い。「こんなはずではない」と疑念が生じたのかも知れない。ペースを掴め

ないまま、早々にやってはならない先制点を許してしまった。左サイドに大き

く振られ、慌てて戻った家長が簡単に外され、フリーとなった徳元が角度のな

いところからまさかのシュートを放つと、これが右サイドに決ってしまった。

10数分後には髙い位置でシミッチが囲まれロストし又も左の徳元に振られ、

今度はグラウンダーのクロスが入れられ、登里と競りながら走り込んだ安部柊

斗に足先で押し込まれた。フロンターレも懸命に反撃し前半のうちに1点返し

た。瀬古が中央付近でのボール奪取からドリブルで駆け上がり宮代にパス。こ

れを僅かな隙を突いて宮代が決めて後半に期待が高まる。ところが後半早々に

脇坂が無理なアッタクをし、VAR検証の結果一発退場となり不利な態勢のま

まの反撃を強いられる。一人少ないながら盛り返したが得点に至らず、4連勝

は幻となった。

翌日の神戸:広島戦、翌々日の鹿島:名古屋戦もDAZN観戦した。いずれも

熱戦でどこのチームも個の力が向上しているように思われた。

 

2023年5月 8日 (月)

川崎:鳥栖戦観戦記 2023.05.07

4月15日の名古屋戦に続き土砂降りの中の観戦。何か悪い事でもしたのか、

と胸に手を当ててみたが思い当たることはなし。せめて今日は勝点3をものに

して欲しいと願いながら観戦。そう云えばリーグ戦の3連勝とホーム初勝利が

掛っている大事な試合だ。今節は登里が休みで、CBに大南が先発で起用され

車屋が左SBに回った他、FWでは遠野に替りマルシーニョが先発。その他は

前節と同じ。前節の決勝点とアシストのコバ悠と大島のコンビはベンチスター

トでどのタイミングで投入されるか興味深い。

大雨にもかかわらずピッチ・コンデションは良好なようだ。川崎がやや優勢の

展開だが無得点のまま前半を終了。後半開始時点から瀬古に替えて大島を投入

したのは攻撃に変化を持たせるためか。すかさず攻勢に出るも決め切れず。こ

れはヤバイ展開かなと思っていたところ、家長が巧みに浮き球のパスをゴール

前に出し、走り込んだ脇坂が胸トラップから先制点を押し込こんだ。トラップ

の際にハンドの疑いがあったとのことでVAR判定に持ち込まれたがお咎めな

し。結果的には決勝点になった。その後も2点目奪取に向けて攻勢を掛け、ポ

ストやクロスバー直撃弾もあったが得点に至らず試合終了。雨中の接戦を制し

て、リーグ戦の3連勝とホーム初勝利を達成した。同行者一同武蔵小杉駅前で

冷えた体を温めつつ今季初の勝利の美酒に酔った。

2023年5月 5日 (金)

川崎:京都戦DAZN観戦記 2023.05.03

アウェイの福岡戦を快勝して今シーズン初の連勝に挑戦する大事なアウェイの

京都戦。簡単な相手ではない。フロンターレの先発陣は3戦続けて同じメンバ

ーで、ベンチには復帰のマルシーニョとコバ悠が控え心強い。

GK上福元からの攻撃の組み立ては、BKからのビルドアップと左右へ散らす

ロングボールの使い分けにメリハリがあり、京都の前からのプレスを巧みに外

し攻勢を掛けるも決定機を作れない。30分過ぎに脇坂がドリブルで上り宮代

にパスし折り返しを流し込むもオフサイドでゴールならず。そのまま前半が終

了。後半は京都が盛り返すも川崎が優勢のままゲームが進む。残り30分を過

ぎたところで、瀬古に替えて大島、遠野に替えてマルシーニョを投入し膠着状

態の打開を図るも、京都側の左CKからの折り返しを途中投入されたパウリー

ニョに決められてしまう。これは上福元が飛び出していたのでオフサイドとな

り助かる。川崎は残り15分のところで登に替えて大南、家長に替えて山田を

投入。更には残り10分のところで切札のコバ悠を投入し勝負を掛ける。ロス

タイムも残り少なくなったなったところで右からの大島のクロスを左ファーサ

イドに回り込んだコバ悠がゴールマウスの逆側に値千金のゴールを決め勝点3

をもぎ取った。コバ悠の技が光った結末であった。

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »