« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月27日 (火)

川崎:浦和戦DAZN観戦記 2023.06.24

フロンターレの攻撃にリズムが出てきただけに、上福元の留守を狙われた浦和

・関根のロングシュートによる失点と小塚の一発退場は残念であった。フロン

ターレの立場から云うのも何であるが、浦和GK西川のミスキックはお粗末で

あった。

2023年6月12日 (月)

川崎:広島戦DAZN観戦記 2023.06.11

前節予定のアウェイ神戸戦が豪雨の影響で流れ、7日の天皇杯2回戦もメンバ

ーをかなり入れ替えて戦ったので、コンディション的には余裕がある。とは云

え上位の広島相手ではホーム戦ではあるが油断できない。布陣はGK上福元、

BK山根、大南、車、登、MFシミッチ、大島、脇坂、FW家長、コバ悠、宮

代でスタート。開始早々から広島が攻勢に出て防戦一方の展開となるも、この

時間帯を凌いだのが大きかった。前半の半ばにコバ悠が負傷退場し、ダミアン

が早めにピッチに立った。この辺りからフロンターレもペースを掴み互角の戦

いのまま前半を終了。後半10分過ぎに中盤で脇坂が相手を上手くかわして家

長にパスし、家長が右ゴールライン際に上ったダミヤンに優しいボールを送る

と、ダミヤンはヒールで折り返す。そこへ走り込みながら脇坂が広島のBK陣

の間で受けて抜け出し、そのまま振り抜き鮮やかに先制点を決めた。結果的に

はこれが決勝点となった。起点から得点へと脇坂28歳の見事なバースデイゴ

ールであった。その後、家長の決定機に近い惜しくも外れたシュートがあった

が追加点は奪えず、逆に失点もせずに勝点3をものにした。

ダミアンが入ると中央に起点が出来るので攻撃の幅が広がる。シャドウに入る

IHとの連携が強まれば大きな武器になるであろう。

終盤に大島が負傷交代したが、コバ悠ともども心配である。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »