« 川崎:町田戦観戦記 2024.04.07 | トップページ | 川崎:東京V戦観戦記 2024.04.20 »

2024年4月15日 (月)

川崎:C大阪戦DAZN観戦記 2024.04.13

前節のホーム町田戦は後半途中からの数的有利も生かせず無失点のまま敗戦。苦境を打開

したいところではあるが、今節はアウェイで勢いのあるC大阪との対戦だ。昨季に続き早

くもBK陣に故障者続出しジェジエウ、丸山、三浦はベンチ外で、BKの先発は右から瀬

川、大南、佐々木、橘田。ボランチに復帰の山本と瀬古、2列目が家長、脇坂、マルシー

ニョ、1トップにエリソン。相手のボランチには登里が起用された。鹿島戦で川崎からの

移籍選手FWの知念がボランチに起用された時と同じく驚かされた。フロンターレのサッ

カーを熟知した選手を攻守の要のポジションに起用するとは、相手チームは中々の策士だ

な、と感心させられた。その登里の活躍もあり試合開始からC大阪の勢いに押され防戦一

方だが、何とか凌ぎ切る。フロンターレ側の攻撃は寸断されて得点の匂が生れない。失点

の場面は相手の素早い仕掛けに対し一瞬棒立ちになって対応が遅れた。今のフロンターレ

にとって先に失点しまうことは重荷だ。イエローを貰ってしまったマルシーニョを早めに

遠野に替え、次いで山本、家長、エリソンに替えてゼヒカルド、コバ悠、山田を、最後は

脇坂に替えてヴェロンを投入したが、今節も無得点のまま敗戦に終った。ミスパスやパス

コースを読まれ簡単にカットされる場面も多々見受けられた。動きながら受けないからか。

打開策としては先ずは挑戦者の立場に立ち、好調の町田やC大阪の戦ぶりを謙虚に学ぶこ

とから始める必要があるのではなかろうか。

« 川崎:町田戦観戦記 2024.04.07 | トップページ | 川崎:東京V戦観戦記 2024.04.20 »

コメント

0-1の敗戦。前半、相手の猛攻に耐えてゼロに凌ぎきりましたが、後半に失点。

この失点は前戦の町田と同じ川崎の右サイドからクロスを相手CFのレオセアラに決められました。
右SBが本職で無い瀬川を置くことで矢張りというべきか守備の穴と成ってます。
瀬川の攻撃力に懸けるなら瀬川が得点に絡まないのではマイナスでしか有りません。
作戦コーチは瀬川の右SBをどの様に評価してるのでしょう。瀬川の右SBは、家長の守備に戻らないのも関係ないとは言えません。
川崎の右を家長、瀬川の組み合わせで無く、家長、際またはコバ悠、際とか瀬川、際とかの組み合わせを見て見たいです。

失点のシーン、レオセアラと競っていたのは左SBの橘田です。何故相手CFのマークにCBがついていないのかも問題です。

攻撃は、まもなく大島が復帰しそうですのでここにアドバンテージを見いだしますか。
東京V戦で20分位、大島が出場するとみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎:町田戦観戦記 2024.04.07 | トップページ | 川崎:東京V戦観戦記 2024.04.20 »